姉妹サイト:affiliate.ks-product
雑記
このページではゲーム・商品などのレビューやニュースの感想をご紹介!
2014年11月02日

ゲーム機購入を迷っているあなたがPS4を買うべき8つの理由

 

reason-buy-ps4

「おすすめのゲーム機どれか?」と聞かれたら、私なら「PS4を買うべき」と即答します。なぜなら、世界で一番人気があり最も売れているのがPS4であり、私自身も購入し毎日のようにプレイしているからです。

世界レベルで見るとPS4が全ハードで一番ダントツで売れていますが、日本市場ではPS4とWii Uの2強対決という状態になっているんですよね。

では、PS4とWiiU、どちらのゲーム機を買えばメリットが大きいか?活用できるのか?お得なのか?と気になっている人は多いでしょう。お金があれば両方買えば良いでしょうけど、ほとんど使わなかったら無駄ですからね。それに場所も取りますし。

結論から言ってしまうと冒頭でも言ったようにPS4が最もオススメです。オススメする理由は何なのか?PS4ならではの特徴は?ということをこの記事では書いていきます。

1. 最も長く、最も多くのゲームソフトが遊べる!

reason-buy-ps4_01

PS4はPS4、Wii U、Xbox Oneの中で最も売れているゲーム機です。集計時期が異なるので詳細な数字は載せませんが1000万台以上が販売されたと公表されているのはPS4だけです(2014年11月時点)。Wii Uよりも1年も発売が遅いのにも関わらずこの売上は快挙と言えるでしょう。

ゲーム機が売れているということは、多くのゲームメーカーがそのハードでソフトを開発・発売するということです(売れていないゲーム機のソフトよりも売れてるゲーム機のソフトを作ったほうが儲かりますからね)。そして、多くのソフトが発売されればユーザーの数はどんどん増えていき、新しいサービスも展開されていくことでしょう。その結果、長い間売れ続けることになるでしょう。

また、「ファイナルファンタジー15」や「龍が如く0」、「メタルギアソリッド5」など超有名タイトルも発売が予定されています。有名タイトルが一番多く集結するのがPS4の最大の売りかも知れません。

【追記】
2015年6月時点の各ゲーム機の世界販売台数(出典:VGChartz)が公開されていますのでグラフを掲載します。

発売が1年早かった事もあり最初こそWiiUが優勢でしたが、その後は圧倒的なスピードでPS4が追い越している事が分かりますね。加えてWiiUは今年に入ってほとんど売上を伸びていませんが、PS4はまだまだ成長と中途という具合で将来性を感じさせてくれますよね。

d77534a7

2. 最も美しいグラフィックでゲームが楽しめる!

reason-buy-ps4_06

PS4の性能はWii U、Xbox Oneと比べて頭一つ抜けた物になっています。その為グラフィック表現が非常に美しく、ゲームソフトによってはほとんど実写と見分けが付かないものもあります。グラフィックでゲームの面白さが決まるわけではありませんが、レースゲームやFPSなどリアルな世界を舞台にしたゲームはまるで現実かのように錯覚してしまうので、ゲームによっては爆発的なパワーを発揮します。

ちなみに、PS4と同等のグラフィック能力のPCを購入するとなると約10万円かかります。それがPS4なら34,980円(税抜)で買えてしまうんですからかなり安いですよね。しかも、PS4の方が様々なゲームソフトが発売されているわけです。

PS4とWii Uの比較

また、PS4は3万円で購入可能なWil Uに比べ5,000円ほど高額です。しかし、グラフィック性能の差を見ればむしろPS4の方が安く感じませんか?以下にWii UとPS4のレースゲームを掲載したので是非比較してみてください!

↓こちらがWii U (Wii Uにはリアルさを売りにしたゲームが見当たりませんでしたのでマリオカートをチョイス)

マリオカート8 国内レース Part 1

↓こちらがPS4のDriveClub。実写と見間違える映像だと思いませんか?

PS4「ドライブクラブ」雨の日本コ-ス

ちなみにこのDRIVECLUB、Amazonのレビューを見ると酷評です。それには理由があって、発売当初は色々未完成部分が多かったんですよね。売りである美しい天候表現も実装されていませんでした。しかし、今は多くの欠点が解消され概ね高い評価を得ているようです。

もう1つ紹介します。
2015年11月に発売されたニード・フォー・スピードです。こちらもとてもリアリティのある映像だと思いませんか?動画では峠道を走っていますが、このほかにもハイウェイ、市街地、工業地帯など様々なエリアが繋がっていて、シームレスに行き来する事が可能です。まるで架空の世界に自分が入り込んだように錯覚してしまうくらいです。

Need For Speed 2015 (beta) | PS4 | Mitsubishi Lancer Evolution MR

他にも、Wii Uのハードディスク容量は25GBなのに対し、PS4は500GBあります。その差20倍です。これだけでも1万円の差は埋まってしまいます。
これで、いかにPS4が高性能なのにコスパが良いかがお分かりいただけたかと思います。

はっきり言ってしまうと、PS4の最大の魅力はグラフィックの美しさといっても過言ではないので、この動画を見て「PS4のグラフィック凄いな!!」って思った時点で間違いなく買いです。それで買って後悔することは無いでしょう。

3. DVD、ブルーレイ、ブルーレイ3Dプレイヤーとしても使える!

reason-buy-ps4_02

PS4はDVD、ブルーレイ、ブルーレイ3Dプレイヤーとしても利用できます。プレイヤーを持っていない人は非常に重宝すると思います。最近はネットで動画を見ることが増えてきましたが大きなテレビ画面でDVDやブルーレイを見るのも捨てがたい魅力ですよね。また、別途DVD、ブルーレイプレイヤーが必要無いのでお部屋をスッキリまとめることが出来ます。

※Wii UはDVD、ブルーレイを見ることが出来ません。

4. ソフト1本あれば相手がソフトを持っていなくても対戦したり協力プレイが楽しめる

reason-buy-ps4_03

PS4のシェアプレイを利用すれば、自分や知人のうち誰か一人がゲームソフトを持っていれば皆でシェアして遊ぶことが可能です。具体的には対戦プレイ、協力プレイ、または難しくて進めない場所を代わりにやってもらうなんてことも出来るんです。アクションゲームで「1機やられたら他のプレイヤーと交代」みたいな昔ながらの遊び方も出来ます。例えるなら友人が横に座って一緒にゲームをしているような感覚です。しかもシェアプレイは全てのゲームソフトに対応しています。

従来は全員が同じゲームソフトを持っていなければ出来なかったことですが、それがゲームソフト1本で出来るわけですから画期的でありとてもお得ですよね。そして何より1本で済むということは皆で遊ぶ機会が増えるということですよね。

5. ゲームプレイの模様をストリーミング配信または録画アップロードしてシェアできる!ニコ動のコメントとの連携も!

reason-buy-ps4_04

PS4はコントローラーのシェアボタンを押すだけで、画面のスクリーンショットを取ったり、動画を録画・アップロードすることが出来ます。ブログのネタにしたりすると楽しいですよ。

また、余計な機材無しでゲームプレイの模様をライブ配信することが可能です。一部のゲームではニコニコ動画のコメント機能と連動していて、例えば「アキバズトリップ2」では生放送視聴者が特殊なコメントを打つことで実況者のゲームに影響(特定のキャラを登場させるなど)を与えることが出来ます。

6. PS VITAを持っていればPS4のゲームを好きな場所でプレイできる

reason-buy-ps4_05

PS VITAと組み合わせれば、テレビ画面でテレビ番組を見ながら、PS VITAでPS4のゲームを楽しんだり、通勤中の隙間時間にゲームを進めておくなんてことも出来ます。PS4で遊ぶのとほとんど遜色が無いクオリティなので、まさに手元でPS4を遊んでいる感覚なんですよね。

また、ソニーのスマートフォン Xperia Z3 でもPS4のリモートプレイが楽しめます。ただし、その場合はPS4コントローラーが必要になります。

7. スマホやタブレットを利用すれば外出先でもフレンドとメッセージをしたりプレイ配信が見れる

reason-buy-ps4_07

専用アプリを入れればスマートフォンやタブレットでもメール感覚でフレンドとやり取りしたり、ゲームのライブ配信が見ることが出来ます。

「しばらくゲームから遠ざかっているけどゲームで知り合ったフレンドとは連絡を取りたい」、「ライブ配信だけ見たい」なんて時にとても便利です。

8. Youtube、Hulu、DMMなどのネット動画がテレビの大画面で見られる!

amazon-fire-tv-stick-review11

スマホやパソコンで見ているネット動画をテレビの大画面で見たいと思ったことが一度はあるはずです。そんな願望をPS4を使えば叶えられるんですよね。Youtube、Hulu、DMM、Netflix、Amazonビデオなどの動画がテレビで見られるようになります(PC、スマホで購入した作品をPS4でも見ることが可能です)!

もちろん、PS4はグラフィック処理能力が高いマシンなので、高画質の動画もサクサク快適に見ることが出来ます!

中でもHuluは特にオススメで、月額933円の有料サービスですが15,000本以上の映画、アニメ、ドラマ、バラエティなどが見放題なので、レンタルビデオ店を利用する必要性がほとんど無くなります。

PS4で利用できる動画配信サービスについては以下の記事でまとめていますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

PS4で海外ドラマや人気映画を見るのに最適な動画配信サービスはNo.1はどれ?

PS4本体と同時購入すべきゲームソフトを3つ紹介!

本体は購入するとして「最初に何を購入したらハズレが無いか知りたい!」という人は多いでしょう。そんなあなたの為にPS4本体と同時購入すべきゲームソフトをいくつか紹介します。

トゥームレイダー ディフィニティブエディション

とにかく一番にオススメできるのが「トゥームレイダー ディフィニティブエディション」です。比較的初心者でも遊びやすく工夫されており、なんと言っても映画さながらのド派手なアクションシーンを自分で操作できるのはとにかく圧巻です!価格もお手ごろなので最初に購入する1本として最適です。

レビュー記事を読むトゥームレイダー ディフィニティブエディショントゥームレイダー ディフィニティブエディション

バトルフィールド4

PS4といえばオンラインマルチプレイ、オンラインマルチプレイといえばバトルフィールド4というくらいにオンラインマルチプレイが楽しい作品です。フレンドがいなくてもランダムにマッチングするので気軽に対戦が可能です。64人による同時対戦はとにかく盛り上がります!また、戦場で担う役割は様々なので初心者は初心者なりの活躍が可能です(発売から2年経った2015年11月現在もオンラインは活気に溢れています)。

レビュー記事を読むバトルフィールド4バトルフィールド4

グランド・セフト・オートV

世界で最も知名度の高い作品であり、264億円もの制作費(ゲーム史上最高額)を投じた作品でもあります。ロサンゼルスをモチーフに作成された広大で緻密に構築されたフィールドにはただただ驚くばかりです。この圧倒的な自由度とエンターテインメント性は唯一無二の存在です!

レビュー記事を読むグランド・セフト・オートVグランド・セフト・オートV

もっと色々なゲームソフトの情報が見たければこちらの記事を見てみてくださいね!

まとめ

先日PS4が34,980円値下げにされWiiUとの価格差は5,000円以下になり購入しやすくなったかと思いますので、これまで価格がネックになっていた人はそろそろ購入の検討をする良い機会かもしれませんね。
2016年9月15日にさらに5,000円安くなった新型PS4が29,800円(税抜)で発売されます!性能はそのままで省スペース化されたのは嬉しいですね!(2016年9月9日更新)

しかも、PS4ではWiiUでは不可能なブルーレイ再生機能があったり、ハードディスク容量も大きく、それでいてグラフィック性能は圧倒的にPS4が優れているわけですから相当コストパフォーマンスが良いということになります。さらにはPS4はネットワーク機能も充実していて、ソフト1つ購入すれば複数人で遊べるシェアプレイ機能や、ボタン1つでプレイ動画・画像のシェア出来たりするので遊びの幅も広くお得感が高いです。

ハッキリ言ってしまうとWiiUは15,000円で販売されないとPS4とは釣り合わないレベルです。そういう正当な理由があるからこそ世界でPS4が圧倒的なシェアを占めているわけです。

また、PS4とPS3の比較記事も投稿していますので合わせて以下の記事も良かったら読んでみてくださいね。

PS4とPS3の性能・特徴など5項目の比較まとめ。乗り換えを検討してる、どちらがオススメか知りたい人は是非参考に!

P.S.

ゲーム週刊誌『ファミ通』の2015年10月時点の発売予定ソフトタイトルを見ると、WiiUが37本であるのに対し、PS4は208本が予定されています。多くのタイトルが発売されれば、それだけ面白いゲームに出会う確立も高まりますし、長く遊べるのでコスパ的も良いので私は圧倒的にPS4をオススメします。

2種類の新型PS4が発売!

先日2つの新型PS4が発表されました。

ざっくり違いを説明すると、より高画質のゲームが楽しめる上位版PS4(PS4 Pro)と、従来型の性能はそのままに薄型化、省電力化、低価格化したPS4です。

既に予約・購入出来るので以下のリンクをご利用ください。また、2つの新型PS4の詳しい比較はこちらの記事で解説しているので、良ければ参考にしてみてくださいね。

従来型PS4は以下から購入できます (新型PS4の発売によって安く買えるかも知れないので要チェック!)

PS4ゲームソフトで面白いゲームはどれ?オススメする理由を簡潔にまとめました!

画像:©Sony Computer Entertainment Inc.

ポートフォリオ
rssを購読
こちらの記事もいかがですか?