ゲーム
このページではゲームのレビューや攻略記事などを取り扱っています。
投稿日:2022年10月03日更新日:2022年10月03日

仁王の続編?『Wo Long: Fallen Dynasty』をプレイした正直な感想【口コミ・評判】

 

皆さんはコーエーテクモゲームスの新作『Wo Long: Fallen Dynasty(ウォーロン:フォールン ダイナスティ)』の体験版を遊びましたか?

ウォーロンは『仁王』シリーズの後継作品とも言えるタイトルとなっていて、PS5などの一部機種で体験版が配信されました(期間限定だったため現在は終了しています)。

今回はウォーロン体験版をプレイした感想や、製品版に向けての要望などをまとめていきます(‘ω’)ノ

Wo Long: Fallen Dynasty(ウォーロン)は仁王でもダクソでもない新機軸の死にゲー

先ほど、ウォーロンは仁王の後継作品と言いましたが、基本操作はそれに近いのですが、立ち回り方は大きく異なる印象でした。

攻撃主体の立ち回りが求められる

仁王やダークソウルシリーズは距離を取り、敵の動きを見て、隙を突くといった防御主体のゲーム性だと思うんですよね。

一方で、ウォーロンは積極的な攻めが求められる攻撃主体のゲーム性になっていると感じました。間合いを取ると不利になるんですよね。

この感覚は攻めることで体力回復が出来るブラッドボーンや、積極的な行動が”体幹”を削るSEKIROに近いかも知れません。

ちなみに、ウォーロンのプロデューサー山際眞晃さんは、ブラッドボーンのプロデューサーも務めていたので、ある意味メーカーを超えたコラボという事になりますね(‘ω’)ノ

速い戦闘スピードと攻撃の多彩さ

ウォーロンのゲームスピードはこれまでの死にゲーよりも速く、攻撃方法も多彩なので、とてもアグレッシブな戦闘が繰り広げられる印象ですね。

ウォーロンにもダークソウルのようなスタミナの概念(気勢)はあるものの、通常攻撃では消費しないのでひたすら攻め続けることが出来るんですよね。もちろん、それでは手痛い反撃を食らってしまうのでゴリ押しは出来ませんが、相手の動きを見切れば怒涛の攻めも可能といった感じでしたね。

また、『武技』『仙術』といった攻撃スキルもスタミナ(気勢)を消費するだけなので実質使い放題です。これらは意外と使い勝手が良く、通常攻撃との組み合わせ方次第で多彩な立ち回りが出来そうです。

化勁(パリィ)が攻撃の起点

ウォーロンの戦闘では化勁(パリィ)がかなり重要です。

SEKIROの『弾き』は必須というかゲーム性の根幹とも言えたわけですが、ウォーロンの化勁もそのぐらい重要です。

SEKIROよりもシビアなタイミングが求められるので慣れが必要ですが、慣れれば爽快な戦闘が楽しめるといった感じでしたね。

仁王で好評を得たハクスラ要素はウォーロンでも健在。しかし・・・

ウォーロンでは仁王で好評だったハクスラ要素を採用しています。

体験版を遊んだ限りでは、武器や防具のレベル(+値)や、同じ武器・防具でも異なる特殊効果が付加されていました。

ただ、仁王に比べるとハクスラ要素は控えめになっていて、装備の更新は必要最小限で済ませられるように調整されていると開発者が言っていました。『死にゲー』ならではのアクション部分をじっくりと楽しんでもらいたいという意図があるようです。

個人的には1周目ではアクション部分を重点的に、周回プレイでは仁王レベルのハクスラ要素を重点的に楽しめるようにしてほしいですね。やはり、コエテクの『死にゲー』の特徴は、じっくりやり込めるハクスラ要素にあると思うので。

ウォーロン体験版で感じた不満点や要望

続いて、ウォーロンの不満点や要望を羅列していきます。

”敵の動きを観察する”という立ち回りが難しい

『死にゲー』においては敵の動きを観察することは重要です。しかし、ウォーロンではこれが困難だったりします。

仁王やダークソウルでは敵と距離を取ればスタミナが回復するのですが、ウォーロンではスタミナ(気勢)がほとんど回復しません。減った気勢を回復するには攻撃をするか、化勁(パリィ)をするしかないのです。

必然的にボス戦なんかでは、敵の動きを観察したいのにリスクのある行動を取らないといけないので、観察出来ず死んでしまうんですよね…。

このあたりの仕様は、仁王やダークソウルに合わせたほうがより楽しめると思いました。

操作がシビアで思い通りの行動が取れない

仁王やダークソウルに比べると操作性がシビアに感じました。

化勁(パリィ)について

タイミング自体は仁王やダークソウルと大差ないのですが、使用頻度が多過ぎるんですよね。それこそSEKIROの『弾き』並みに使用を強いられます。だったら、タイミングもSEKIRO並みに緩くしてほしいと思いました。

回復アイテムの使用について

回復アイテムの先行入力が短すぎるのか、先行入力が効かないタイミングがあるのか分かりませんが、回復ボタンを押したのに反応しないという事が何度もありストレスに感じました。

△+〇ボタンのアクションについて

△+〇ボタンで神獣の召喚が行えますが反応しないタイミングがありました。

下記動画の3:20~で変な動作をしていますが、ボタンを押しても召喚が出来ていない為です。

カメラが操作キャラクターに近い

上の動画を見てもらうと分かりますが、仁王やダークソウルと比べてカメラが操作キャラクターに近いことが分かるかと思います。

臨場感を演出するためだと思いますが、どうしても遊びやすさが犠牲になってしまいますし、1つのミスが死に直結する『死にゲー』である以上、従来のカメラワークが良いと思いました。

ガードに成功したか判別しにくい

ガードに成功したか判別しにくいです。その為、気付いたら瀕死になっていたという事も何度かありました。

ガード成功時のエフェクトや音をもう少し強調すれば快適に遊べると思います。

PS4版向けに体験版が配信されなかったのは残念

これはゲーム性の不満ではないですが、PS4に向けて体験版が配信されなかったことは残念ですね。

多くの意見を取り入れる為の体験版なのに、ユーザーが特に多いPS4向けにリリースされていないのは勿体ないと思います(開発が間に合わなかったという事情もあると思いますが…)。

Wo Long: Fallen Dynasty(ウォーロン)はオススメか?

というわけで、ウォーロンの体験版をプレイした感想をまとめました。

正直、現時点ではゲームバランスや操作性がシビア過ぎると思いました。仁王やダークソウル以上にプレイヤーを選ぶので、万人にはオススメ出来る内容ではないと感じますね。

ただ、多くのプレイヤーの意見・要望を取り入れるための体験版なので、これからバランス調整を行っていくと思われます。

最終的には仁王、仁王2プレイヤーが不満無く遊べるぐらいのバランスに落ち着くはずなので、個人的には期待して良いと思います。

ウォーロンの発売日は2023年初頭を予定しているようなので、あと数か月後には遊べそうですね。期待して待ちましょう(‘ω’)ノ

最後まで読んでいただきありがとうございました!この記事のご意見・ご感想は下記ツイートに返信お願いします(*’ω’*)

要チェック!今注目のPS4・PS5ソフト

PS5本体の購入・予約はこちら

Amazonでは『招待制』を採用しているので、少しでも購入確率を上げるために複数のエディションに招待のリクエストを送るのがオススメです(リクエストするだけならタダ!)。

関連コンテンツ

ポートフォリオ
rssを購読