ゲーム
このページではゲームのレビューや攻略記事などを取り扱っています。
更新日:2019年01月15日

【PS4・PS3徹底比較】画質、スペック、特徴など5項目の違い検証!

 

PS4が発売されてからしばらく経ち、「そろそろPS3からPS4に乗り換えようかな」と検討している人や、両方とも持っていなくて「PS4とPS3どちらがオススメなの?」と迷っている人もいるかと思います。両方買えれば一番良いですがゲームにそこまでお金をかけられる人ばかりではありませんからね。

というわけで今回はPS4とPS3の違いを分かりやすく徹底比較していきます!双方にメリット・デメリットがあるので購入してから後悔しないよう是非参考にしてみてくださいね。

【グラフィック比較】PS4のグラフィックは圧倒的に綺麗!

家庭用ゲーム機でまず重要なのがグラフィックですよね。グラフィックにこだわらなければスマホやタブレットでも遊べてしまう時代ですからね。だから、差別化の為にもグラフィック性能の高さは重要なんです。

PS4とPS3のとても分かりやすいグラフィック比較動画(※)があったので貼っておきます。

以下の動画と画像はXbox OneとXbox360の新旧比較になっていますが、同じゲームがPS4とPS3でも発売されているので、そのままPS4とPS3に置き換えて見てもらって問題ありません

なお、画面解像度はPS4が1080p、Xbox Oneが900p、PS3とXbox360が720pなので、4機種の中ではPS4が最もグラフィックが美しいということになります。

Call of Duty: Black Ops 3 – Last vs. Current-Gen | Xbox 360 vs. Xbox One Graphics Comparison

ps4-vs-ps3_7 ps4-vs-ps3_6 ps4-vs-ps3_5 ps4-vs-ps3_4 ps4-vs-ps3_3 ps4-vs-ps3_2 ps4-vs-ps3_1

ご覧の通り、Call of Duty: Black Ops 3は旧世代機(PS3、Xbox360)と次世代機(PS4、Xbox One)のマルチタイトルなのですが両者の差は歴然ですよね。

旧世代機は全体的にのっぺりしていて質素な感じがしますね。良く言えば見通しが良く敵を発見しやすく遊びやすいと言えるかもしれません。

一方で次世代機はより写実的で重厚な雰囲気があります。色彩にも深みがありますよね。悪く言えばリアル過ぎて敵を発見しにくいとも言えます。

また、画像や動画では伝わらない部分として、解像度とフレームレートが挙げられます。PS4版は1080p、60fpsと高精細ですが、PS3版は720p(推定)、30~60fpsとなっています。

PS4発売当時のマルチ作品はPS3版との互換性を意識するあまりに、「PS4とPS3って大して差が無いんじゃない?」というレベルの作品も多かったのですが、PS3切り捨て時期がきた今では、グラフィックレベルに差が顕著に表れてしまっていますね。

16倍ものデータを扱えるようになり大幅性能アップ!

ここまでグラフィックに違いが出るのは、メインメモリ(RAM)の容量の違いが大きいと思います。

PS3が256MB×2だったのに対し、PS4は8GB(8,192MB)あります。単純計算で16倍もの容量です。

これにより膨大な容量のデータも快適に扱う事が出来るようになったので、リッチで高精細で滑らかなゲームが遊べるわけです。

PS4専用タイトルはさらに美しいグラフィック!

2018年ぐらいからPS4ソフトのグラフィックが飛躍的に進化したのをご存知ですか?

百聞は一見に如かず、『マーベルスパイダーマン』の動画を見れば、PS4の凄さが分かると思います。もはやゲームの域を超えた映像表現ですよね。

なお、マーベルスパイダーマンのレビュー記事も投稿しているので、興味がある人は読んでみてください。

【評価・レビュー】これは神ゲー確定!PS4マーベル スパイダーマンの8つの魅力、3つの欠点

PS4のグラフィックヤバ過ぎ!

【ゲームソフト本数比較】PS1やPS2の作品まで遊べるPS3は魅力的!

2019年1月、PS4も発売から5年が経ちソフトも充実してきましたが、どのぐらいの本数が発売されているか気になりますよね。というわけで調べました!(本数は2019年1月時点)

PS4 PS3
パッケージ(ディスク)版 613本 976本
ダウンロード専用 723本 274本
合計 1,336本 1,250本

パッケージ版の本数はPS3の方が多いですが、合計ではPS4の方が多いという結果になりました。しかも、PS4は今が一番伸び盛りですから、まだまだ増えるでしょう。

ただし、PS3にはPS4に無い大きな魅力があります。

それは、『ゲームアーカイブス』と呼ばれるPS1やPS2、さらには懐かしのPCエンジンのタイトルも遊べるサービスが充実しているんですよね。過去の名作が1,000本以上遊べます。PS4でも似た様なサービスがあるものの本数はまだまだ少ないんですよね。

また、PS3はPS1のディスクも起動できるんです。なので、PS1のソフトが押し入れの中に眠っている人は嬉しいはず。

それに加えて、初期型PS3であればPS2のディスクも起動できるので、ある意味最強のハードなんですがカスタマーサポート終了しているので、自力で修理するか修理業者を利用する必要があります。

また、初期型PS3は下記のリンクから購入出来ますが、価格高騰しているうえ中古品なので自己責任でお願いします。

PS1もPS2も遊べるんだ。PS3が欲しくなってきた…

【将来性比較】勢いがあるのはPS4!

勢いも将来性もあるのはPS4ですね。

既にPS3はサポートが終了していて、新作タイトルも発売されません(発売未定のタイトルはいくつかありますが、永久に未定の可能性あり…)。

一方で、PS4は2017年、2018年と発売タイトル本数が右肩上がりなので、2019年は最も勢いがある年になると予想されます。

次世代機であるPS5が発売されるのも2、3年後でしょうし、PS5のソフトが充実するのに2年ぐらいはかかるわけですから、あと4、5年はPS4の勢いは緩まないはずです。

長く遊びたいならPS4だね!

【オンラインプレイ比較】月額制だがPS4のほうが断然快適!

PS3では一部のタイトルを除いて無料でオンラインプレイが可能でしたが、PS4は基本的に月額サービス『PlayStation Plus』(月額約500円)に加入することでオンラインプレイが可能になります。未加入でもオンラインプレイが出来るタイトルはありますが、大半は加入必須なので追加出費が必要になりますね。

その代わりにPS3より快適でラグの少ないプレイが楽しめます。マルチタイトルだとPS3は回線酷くて低評価されているものが、PS4だと快適で高評価だったりすることも珍しくありません。それに有料ということはメーカーは利益を確実に得られ、それが安定的な運営を可能とするわけです。逆に無料でも不安定だったり、フリーズが頻発したら遊ぶ気無くなりますよね。

しかも、PlayStation Plusに加入すれば、毎月2本ぐらいのPS4ソフトが無料で遊べます。一度ダウンロードすれば加入している間はずっと遊べます。たった500円でこれはかなりお得ですよ。

また、PS3でのオンラインサービスがいつまで続くか分かりませんので、オンラインプレイを期待してPS3を購入するのは止めた方がいいでしょう。

500円で快適に遊べて、ソフト2本が無料で遊べるのは嬉しい!

【コミュニティ機能比較】PS4ならプレイを気軽に共有できる

PS4はゲーム実況者にとって最適です。

PS3は自分のゲームプレイをネットに投稿したり、ライブ配信をするのは専用機材が必要だったりしてかなりハードルが高かったんですよね。

一方で、PS4では自分のプレイ動画やスクリーンショットの投稿、さらにはライブ配信が標準機能だけで出来てしまうんですよね。実況放送に必要なヘッドセットも同梱されていますし、配信方法はコントローラーのシェアボタンを押すだけというシンプルさ。誰でも出来ちゃいます。

また、PS4には『シェアプレイ』と呼ばれる機能があって、この機能を使えば自分一人がゲームソフトを持っていれば、友達はそのゲームソフトを持ってなくても一緒に遊ぶことが出来てしまうんですよね。対戦・協力プレイ以外にもシングルプレイを代わりに攻略してもらうことも可能なので、お金の無い学生は重宝するんじゃないかと思います。友達が多ければソフトいらずですね(笑)

ゲーム配信でお金を稼ぎたい人必見!

【価格比較】PS3は既に生産終了してプレミア価格に・・・

PS4が定価29,980円、PS3が定価24,980円というようにPS3のほうが5,000円安いんですが、あくまでこれは定価(メーカー希望小売価格)です。

PS3は既に生産終了して、プレミア価格が付いています。しかも、基本的に中古品しか手に入りません。

なので、「安さ目的でPS3を購入する」という選択はありません。もはやPS3はコレクターアイテムだと言って良いでしょう。

プレミア価格は流石に厳しいですな…

まとめ

それではまとめます。

  • グラフィックはダントツでPS4のほうが優れている
  • ソフト本数はPS4のほうが多いが、PS3はPS1とPS2のタイトルも遊べる
  • 今後も人気が加速し将来性があるのはPS4
  • オンラインPS4は月額制だが安定している。PS3は無料だがサービス終了も近い?
  • PS4は標準機能で配信ができたり、ソフトを持ってない友達とも遊べる
  • PS3はプレミア価格が付いてコレクター向けに…。

というわけで、コレクターでもない限りはPS4がオススメですね。是非購入の参考にしてもらえると嬉しいです。

今回紹介した商品

PS4を購入する前に読むべき他の記事

また、標準PS4とPS4 Proの比較記事も投稿しているので、PS4を購入の際は参考すると損をしないと思います。「PS4 Proって何が凄いの?」って思う人にオススメの記事です。(PS4 Proの性能・特徴にフォーカスを当てた比較内容となっています)。

【PS4 Proの特徴を徹底解説】PS4と違いは?画質、FPS、VR、価格など分かりやすく比較しました

また、「PS4は500GBと1TB(PS4 Proは1TBと2TB)どちらがオススメ?」という人にはこちらの記事を読んでみてください。金銭的にかなり大きな差が出てくるのでお得に買いたい人は必読です。

【容量・価格は気にするな】PS4は1TBより500GBがオススメである3つの理由

以上、『PS4とPS3の徹底比較』でした。

「こういう記事がもっと読みたい!」という方はツイッターなどでシェアお願いします。あなたの役に立つ記事をどんどん投稿していきます(`・ω・´)

要チェック!今注目のPS4ソフト

関連コンテンツ

ポートフォリオ
rssを購読