ゲーム
このページではゲームのレビューや攻略記事などを取り扱っています。
更新日:2020年03月16日

【評価・レビュー】神ゲー?クソゲー?FF7 REMAKEをプレイして分かった良い部分・悪い部分まとめ【体験版】

 

皆さんはもうFF7 REMAKE(ファイナルファンタジー7 リメイク)の体験版をプレイしましたか?

私は配信日当日にダウンロードしてプレイしてみたのですが、率直な感想としては『予想していた範囲での面白さ』ですね。つまり、神ゲーでもクソゲーでもなく良ゲーといった感じです。ただ、FF7に思い入れがあるなら十分過ぎるクオリティだと思います(*’ω’*)

というわけで今回はFF7 REMAKEをプレイして分かった良い部分、悪い部分をまとめていきたいと思います。

FF7 REMAKEの良い部分4つ

まずはFF7 REMAKEの良い部分を紹介していきます。

映像の美しさは神クオリティ!

FF7 REMAKEが注目される理由の1つは『グラフィックの美しさ』だと思います。

FF15の時点でグラフィックは完成されていたので驚きはありませんでしたが、オリジナル版FF7をリアルタイムでプレイした人間としてはあの世界観が現代技術で蘇っただけでも感動モノだと思います( ;∀;)

パッと見の美しさだけでなくディテールまでしっかりと描写されているので「こだわって作られているな」と感じますね!

また、オリジナル版と異なり完全3Dになったことでイベントシーンの迫力も格段にアップ!映画顔負けのカメラワークで満足度の高い映像表現になっていると思いました。

フルボイスでストーリー性が強化!

全編がどうなるかは分かりませんが、体験版の範囲はフルボイスになっているのも魅力の1つですね。

FF7 REMAKEはカメラワークやキャラクターの動きがシネマティックなのでフルボイスが映えるんですよね。名場面の数々がどう演出されるか非常に楽しみです(*’ω’*)

戦闘は派手で爽快!FFらしさが良く出ている

戦闘はそこまでアクション要素は強くないものの派手で爽快ですね。クラウドが持つ大剣を火花を散らせながら振り回す感じにはカタルシスを感じざるを得ません!

流れるような攻撃モーションを手軽に発動出来るので、アクションが苦手な人でも華麗なゲームプレイが出来るのは良く出来たゲームデザインだと思いました。

クラウドのリミット技『凶切り』も演出が凝っているので、製品版ではそれぞれの必殺技がどうなっているのか楽しみです。また召喚獣の演出にも期待が膨らみますね(*’ω’*)

『ヒート』や『バースト』を意識した奥深い戦闘

FF7 REMAKEの戦闘で個人的に良く出来ていると思ったのが『ヒート』と『バースト』といった要素です。ごれが戦闘に良いアクセントを与えていると感じました。

戦闘の基本的な流れを解説するとこんな感じです。

  1. 通常攻撃を繰り返しATBゲージを貯めます。
  2. ATBゲージを消費し特技や魔法で敵の弱点を突くと『ヒート』状態になり『バースト』ゲージが貯まりやすい状態になります。
  3. 敵のバーストゲージが一杯になるまで1と2を繰り返しバーストさせます。
  4. バースト状態になると無防備になりダメージ量が大幅に増えるので一気に攻めます。

もちろん、1~4の間には敵も攻撃を仕掛けてくるので臨機応変に対応していく必要があります。状況に応じて操作するキャラクターを切り替えながら戦う必要もあるでしょう。

とこんな感じで、なかなか変化に富んだ戦闘なので単調にならず飽きずに楽しめるかと思います。体験版の短い時間でも十分にその片鱗を感じることが出来ました。

ちなみに、戦闘システムはオプションでアクション要素は自動化してコマンド選択だけをプレイヤーが操作するように変更することも可能なので、「昔ながらのコマンドRPGが楽しみたい」という人でも安心して楽しめると思います。

FF7 REMAKEの悪い部分3つ

続いてFF7 REMAKEの悪い部分を紹介します。

操作が若干複雑で慣れるまで時間がかかりそう

プレイして感じたのは意外と操作が複雑な事ですね。特に気になったのが『ダッシュ』と『ガード』ですね。

ダッシュはR2ボタンかL3ボタンで可能ですが、R2ボタンでのダッシュ操作に慣れていると戦闘中に混乱することになります。

戦闘中、R2ボタンはキャラクターのコマンドメニューを出すのに割り当てられているので、ダッシュしようとしてコマンドメニューを出してしまうことがありました。戦闘中はダッシュは出来ない仕様なのですが、探索と戦闘がシームレスに切り替わるのでこういう問題が起こるんです…。

また、ガードはR1ボタンで行うのですがよく間違えるんですよね。個人的にダークソウル、SEKIRO、仁王といった死にゲーをプレイすることが多くて、これらのゲームではガードはL1ボタンに割り当てられているんですよね。一方でFF7 REMAKEではL1ボタンはショートカットメニューの表示に使うので、ガードするたびにショットカットメニューが表示されるという事態になりました(;^ω^)

戦闘中のカメラワークに問題あり

戦闘中のカメラワークについても少々問題ありだと感じました。

まず、上空の敵に上手くカメラが追尾しないんですよね。具体的には言うと、空を飛んでいる敵にターゲットロックしてもカメラが上を向いてくれず画面端ギリギリに表示される感じです。ターゲットロックした敵を画面の中心に捉えてくれるように調整して欲しいと思いました。

また、カメラと操作キャラの位置が近くて周囲の状況が分かり難いと感じました。その方が迫力ある映像にはなると思いますが、アクション要素のある戦闘システムなのでもう少し遊び易いカメラワークにして欲しいと思いますね。

キャラの言動や服装に少し違和感

FF7 REMAKEは昔の作品を現代技術でリメイクしたということもあってか、妙にミスマッチな部分が見受けられました。

例えば、クラウドのお馴染みのセリフに「興味ないね」というものがありますが、リアルに生まれ変わった世界でこのセリフはやや浮いてる感じがするんですよね。あれはレトロなゲームだから成り立っているのだと思います…(;^ω^)

また、クラウドと行動を共にするアバランチという組織。彼らの服装にも違和感を強く感じました。クラウドやバレットの服装は現代風にアレンジされているんですが、アバランチのメンバーの服装はコスプレ感満載なんですよね。もう少し他のキャラクターと合わせて欲しかったですね。

ゲームが進行すればマテリアの付け替えも可能に

体験版では試せなかった部分ですが、ゲームが進行すると『マテリア』を武器・防具にセットする事によるキャラクターカスタマイズも可能になります。

オリジナル版FF7ではマテリアシステムはゲームの核となるシステムで、装着したマテリアによってさまざまなスキルを覚えたりパラメーターアップの効果があります。

また、マテリアは戦闘を繰り返すことで成長していくので一種の『やり込み要素』とも言えるかと思います。

アクション要素が強まった本作の戦闘とマテリアによるカスタマイズがどのような相乗効果をもたらすか期待したいと思います(‘ω’)ノ

 

FF7 REMAKEの世間の口コミ・評判

FF7 REMAKEをプレイした人たちの口コミ・評判を紹介します。

全体的に絶賛されていて、美麗に蘇ったグラフィック、懐かしのBGMのアレンジ、アクション要素が加わった迫力の戦闘を評価する声が多かったです。一方で、戦闘が少し難しいという声もありました。

結論:FF7 REMAKEには色々不安はあるがクオリティの高さを感じた

というわけでFF7 REMAKEの体験版をプレイしての感想でした。

まとめると、神ゲーではないけど良ゲーとして普通に楽しめるレベルですね。私はFF7のファンでは無いのでこういう感想になりましたが、ファンならかなり熱いものがあるかと思います。

システム的な粗はちょいちょいありますが、全体的にクオリティの高さを感じる出来となっています。

気になるのはボリュームですね。FF7 REMAKEは分作となっており、今回収録されるのは物語全体の序章であるミッドガル脱出までなんですよね。オリジナル版をかなり膨らませた内容にはなるとは思いますが少々不安を感じます(;^ω^)

とはいえ、ボリューム不足で終わってしまうと世間から酷評され今後の展開にも影響が出てしまうと思うので、プレイヤーの満足度を高めるためにミッドガル脱出までの間にオリジナル版になかったプレイヤーを熱くさせる展開が追加されているのではないかと期待します(*’ω’*)

ちなみに私は既にFF7 REMAKEを予約済みなので、発売後は製品版のレビューも投稿する予定です。お楽しみに!

» AmazonでFF7 REMAKEを購入する
» 楽天でFF7 REMAKEを購入する

最後まで読んでいただきありがとうございました!この記事のご意見・ご感想は下記ツイートに返信お願いします(*’ω’*)

当サイトではこのタイトル以外にも色々なPS4ソフトのレビュー記事を書いています。意外な名作を見つけるチャンスかも?興味があれば下記のリンクをクリック!PS4ソフトのレビュー記事一覧はこちら

要チェック!今注目のPS4ソフト

関連コンテンツ

ポートフォリオ
rssを購読