姉妹サイト:affiliate.ks-product
ゲーム
このページではゲームのレビューや攻略記事などを取り扱っています。
2018年10月19日

魅力、特徴は?どう進化したのか、Fallout76とFallout4を徹底比較!

 

Falloutシリーズ最新作『Fallout76』の発売日が2018年11月15日に決定したようで、いよいよといった感じですね。

私も前作Fallout4には時間を忘れて延々と探索するぐらいドハマりしたので非常に楽しみなんですが、Fallout4からFallout76に進むにあたり、具体的にどういった部分が進化したのかが気になったので調べてまとめてみました。両者の違いを比較していきます。

マルチプレイ化で新鮮なゲーム体験

Fallout4とFallout76の一番の違いはオンライン・マルチプレイ化したことですね。

いままでのFalloutシリーズは一人黙々と遊ぶ、いわゆる昔ながらのRPGだったんですよね。それが遂にオンライン・マルチプレイ化という大きな進化を遂げることになったわけです。

しかし、その進化がユーザーの支持を受けるかは未知数です。『一人で遊んでこそFalloutだ』という人も多いですからね。実際私も一人で遊びたい派です。

ソロプレイも可能。しかし…

でも、従来通りソロプレイも可能なので安心してください。ただ、オンライン接続は必須みたいですね。オンライン上で一人で冒険するか、チームを組んで冒険するかを選択するという事になりそうです。

ソロとチームどちらにも良さがある

Fallout4では序盤から到底太刀打ち出来ない強敵が蔓延るエリアにも行くことが出来たわけですが、それはFallout76でも可能なようです。

チームプレイの良い所は協力すれば序盤でもそういった強敵を倒すことが出来るということです。モンハンでもそうですが圧倒的格上の強敵を協力して倒すのはチームプレイの醍醐味ですよね。

一方ソロプレイでは地道にキャラクターを強化して強敵に挑むことになりますが、これもこれで楽しいんですよね。苦労してコツコツと育てたキャラクターで強敵を倒した時の達成感はチームプレイでは味わえません。

グラフィックが色鮮やかに

プロモーション動画やプレイ動画を見た限り、だいぶ色鮮やかなグラフィックになりましたね。樹木の葉を始め、建物や看板などあらゆるものが色鮮やかに感じます。このシリーズは回を重ねるごとに色鮮やかになっている様な気がしますね(笑)

建物の雰囲気はレトロフューチャー感が薄れて現実的なものが増えたように感じます。個人的にはその方が嬉しいですね。

また、エグゼクティブプロデューサーのトッド・ハワード氏は「ゲームエンジンの改良によって16倍のディテールが表現できるようになった」と発言していて、細部の作り込みにも期待が高まりますね。

個人的に残念に感じたのは、一部前作から流量と思われる部分があることですね。そういう箇所があると「あまり進化してない・・・?」と感じる原因になるので、グラフィックは全て一新して欲しいと思いました。

禁断の核兵器使用でマップが変化

Fallout76では本格的な核兵器が利用可能になりました。前作でもミニニュークと呼ばれる小型の核兵器がありましたがそれとは異なるものです。今回の核兵器は敵や他のプレイヤーの拠点を丸ごと壊滅させるレベルのものなんですよね。

核の発射にはコードを入手し核施設をアンロックする必要があり、おそらくこのコードを手に入れる為に多くのプレイヤーが争うことになりそうですね。「核なんて必要ない」という人はその争いに参加する必要はありませんが、一方的に自分の拠点に核が落とされるリスクを覚悟しなければなりません。

おそらく、核を落されたプレイヤーは新しい土地で拠点を作り直す必要があるのでしょう(前作では拠点が無くてもなんとかなったので、作らないのも自由だと思います)。

なお、核が落ちたエリアは壊滅し汚染され生身の人間が立ち入れなくなります(パワーアーマーとよばれる防護スーツが必須)。また、そのエリアにはレアな鉱石などが発生するようです。

核を落されたプレイヤーはたまったもんじゃないですが、他のプレイヤーにいつ攻撃を受けるか分からない緊迫感や、核によるマップの変化は純粋に楽しそうですね。

時間の流れがリアルタイム化

完全にオンライン・マルチプレイが必須になったことで、前作にあったV.A.T.S.システムの仕様が変更されました。

前作のV.A.T.S.システムは一時的に時間がスローモーションになり、コマンド式で敵の部位を狙えるというものでした。つまり、FPSのようなシューティングが苦手な人でも遊べるように配慮されたものだったんです。

今作ではそれがリアルタイム化し、スローモーションにはならなくなりました(他のプレイヤーがいるので自分だけスローモーションにはなれない)。つまり、結果的にソロプレイの難易度が上がったという事になります(この辺はどのようにバランス調整されるのか気になるところですね)。

またアイテムの確認、装備の変更する際も時間が流れるようになったので、これまでとは戦略を変えていく必要がありそうです。

Fallout76とFallout4どちらがオススメ?

Fallout76はオンライン・マルチプレイタイトルとなりましたが、基本的なゲームシステムはFallout4を継承しているようです。プレイ動画を見た限りほぼFallout4のままって感じですからね。

しかし、オンライン・マルチプレイ化によるリアルタイムな時間経過はかなりゲーム性に大きな影響をもたらすと思うんですよね。特にV.A.T.S.に頼り切りだったプレイヤーは苦労しそうです(←私の事ですw)そういう意味では、落ち着いてじっくりプレイしたい人は前作Fallout4の方がオススメですね。

逆にFallout76は刻々と状況が変化し常に新鮮な体験が可能になっているので、より長く飽きずに楽しみたい人はFallout76がオススメと言えるでしょう。

今回記事を書くにあたり参考にした動画を載せておきますね。

限定盤は本物のパワーアーマーが付属する超プレミア仕様!!

Fallout76には以下のバリエーションが発売されます。その内1つは衝撃の内容になっているのでお見逃しなく!

  • ゲームソフトのみの通常版
  • ゲーム内アイテムが特典として付くTricentennial Edition
  • 実物サイズのパワーアーマーのヘルメット(ボイスチェンジャー、LEDランプ、専用サウンドシステム搭載)や24種類のフィギュアなど豪華特典が付いたPower Armor Edition

特にPower Armor EditionはAmazon限定発売かつ数量も限定されていると思うので値段が高騰する予想されるので、Falloutシリーズのファンは今すぐ予約することをオススメします。

↓Fallout4は完全オフラインなので今からでも普通に遊べます。むしろまだ遊んでいない人は絶対遊んでください。それぐらい自信を持ってオススメ出来る作品です。レビューも書いてるので是非参考にどうぞ。

ポートフォリオ
rssを購読
こちらの記事もいかがですか?