ゲーム
このページではゲームのレビューや攻略記事などを取り扱っています。
更新日:2020年07月21日

【評価・レビュー】前作からどう進化した?バイオハザードRE:3をプレイした率直な感想&口コミ・評判

 

4月3日にPS4などで発売された『バイオハザードRE:3』、皆さんはもうプレイしましたか?

前作『バイオハザードRE:2』がなかなか面白かったので予約購入しました。

というわけで今回は『バイオハザードRE:3』のレビューとなります。なお、同梱されている『バイオハザード レジスタンス』は未プレイです。ご了承ください(‘ω’)ノ

バイオハザードRE:3は前作よりも謎解きは少なくアクション性重視のゲーム性に!

バイオハザードRE:3をプレイした率直な感想ですが、RE:2よりも謎解きは少なくなりテンポ良くゲームが進む印象ですね。個人的には前作よりも楽しめました!

また、後述する『緊急回避(ステップ)』が追加されたことでアクション性も向上しています。緊急回避を導入した代わりに敵を多く配置するなどしてバランス調整されているので、前作よりも難易度が低くなったわけではないです。一部の場面では大量の敵と戦う無双感も楽しめるので個人的には良いバランスだと思いました(‘ω’)ノ

RE:2とはこういった違いがあるものの、基本的にはマイナーチェンジと印象で新鮮味は薄く、「RE:2を初めてプレイした時ほどの感動は無い」というのが本音ですね。とはいえ、ゲームとしてのクオリティは非常に高く、完成度の高い作品だということは間違いないです!

バイオハザードRE:3ではステップ(緊急回避)が導入されアクティブでスピーディーな立ち回りが可能に!

バイオハザードRE:3に新しく追加された要素でゲーム性に大きく影響するのが『ステップ(緊急回避)』のアクションです。

左スティックと×ボタンの同時入力で任意の方向にステップをすることが可能になり、前作よりもアクティブでスピーディーな立ち回りが可能になっています。

敵の攻撃に合わせてジャストタイミングでステップ(ジャスト回避)に成功すると、スローモーション演出が入り、一定時間自動で敵の弱点に照準が合うようになるので形勢逆転が可能になっています。これがなかなか爽快で慣れれば別ゲーのような楽しみ方も可能になるんですよね。

ただ、結構タイミングがシビアなので1周目であまり活用することは無かったです(出せればラッキーといった感じ)。本編クリア後はジャスト回避をしやすくなるアイテムが入手出来るので、多くのプレイヤーが本格的にこの要素を活用できるようになるのは2周目以降ですね。これが理由で個人的には1周目よりも2周目の方が楽しめました(*’ω’*)

バイオハザードRE:3のボリューム不足感は否めない

とりあえず、バイオハザードRE:3を3周ほどクリアして思った事ですが、RE:2と比較するとボリューム不足感は否めないと思いました。

RE:2は初見プレイでクリアまで8時間かかったのに対し、RE:3は5時間ほどで終わりました。謎解きに割く時間が減ったとはいえ少々短いと感じました(´・ω・)

また、バイオハザードRE:3にはRE:2のように主人公が2人いるわけでもなく、やり込み用のエクストラコンテンツがあるわけでもないので(4月9日時点)、その点でもボリューム不足は感じました。

とはいえ周回プレイを楽しむ為のショップ要素は楽しい

本編をクリアするとショップ要素が解放されます。ショップではチャレンジを達成することで得られるポイントを消費することでゲーム性を変化させるアイテムを購入できます。

例えばこんなものがあります。

  • 攻撃力や守備力を増強させる
  • 緊急回避を発動させやすくする
  • アイテムの所持量を増やす
  • 無限ライフル、無限ロケラン

これらのアイテムは全ての難易度で共通して使えるので、低い難易度でポイント稼いでアイテムを購入してから高難易度に挑むというプレイも可能です。

ちなみに、クリア後に特定の条件を満たすと遊べるようになる難易度『ハードコア』や『インフェルノ』では敵やアイテムの配置が変わるので新鮮な気持ちで楽しめるのでオススメです(‘ω’)ノ

同梱されている『バイオハザード レジスタンス』は長く遊べる!

バイオハザードRE:3を購入すると『バイオハザード レジスタンス』も遊ぶことが出来ます。

バイオハザード レジスタンスは非対称対戦ゲームで、いわゆる人気作品『デッドバイデイライト』のような内容です。

これについては未プレイなのでレビューは避けますが、プレイしたの口コミを見る限りは面白いと評判で、「デッドバイデイライトよりも面白い!」という意見もありました(‘ω’)ノ

前作よりも強化されたイベントシーンは見応え抜群!

バイオハザードRE:3はRE:2よりもイベントシーンの演出が強化されていると感じました。

『追跡者からの逃走』が本作のテーマでもあるので、ダイナミックで見応えのあるイベントシーンが多いですね。

グラフィックのレベルも向上していると思います。ゲームエンジン自体はRE:2でも使用しているものと同じですが、キャラクターのモデリングがリアルになったと思いますね。

バイオハザードRE:3は時系列的にRE:2よりも前の話なので、前作に登場したマービン・ブラナーやロバート・ケンドが登場するイベントシーンがあるのも個人的に嬉しかったです(・∀・)

バイオハザードRE:3の口コミ・評判

バイオハザードRE:3をプレイした人の口コミ・評判をまとめましたので参考にどうそ!

といった感じですね。

概ね高評価が多くて、怖いだけでなく爽快感もあるという意見が多く見られました。また、ボリューム不足を指摘する意見や、難しいと感じる人も結構いましたね(・∀・)

バイオハザードRE:3の得点

89 / 100

※この得点はどのくらいオススメなのかを表すものです。グラフィックやサウンドがイマイチでもそれを上回る魅力があれば高得点になります。

項目別評価

グラフィックス ☆☆☆☆☆
前作でも非常に高いクオリティだったグラフィックが更に磨きがかかった印象
サウンド ☆☆☆☆☆
これと言って不満無し
熱中度 ☆☆☆☆☆
余計な謎解きとかもほぼ無いのでクリアまで没頭できる
ボリューム ☆☆☆★★
前作と比較するとボリューム不足。同梱の『バイオハザード レジスタンス』を楽しめるかどうかで大きく評価は変わる(私は未プレイ)。
遊びやすさ ☆☆☆☆★
前作よりもアクションよりの操作性になったので遊び易くなったものの、逆に難しく感じる人も出てくると思われる

バイオハザードRE:3はオススメか?

というわけでバイオハザードRE:3のレビューでした。

ゲーム自体のクオリティの高さは申し分無しですね。新鮮さは無いものの期待を裏切らない出来になっていると感じました。

ステップ(緊急回避)というアクション要素が追加され、スピード感のあるプレイが可能になったのは好みが分かれる部分だと思いますが、個人的には単純に前作よりも楽しいと感じました。特に周回プレイは前作以上に楽しめました。謎解きが少な目なのも個人的には良かったです。

というわけで前作RE:2が楽しめた人であれば本作は間違いなくオススメです。

ただ、前作よりも本編やオマケ要素のボリューム不足感は否めないので、同梱されてる『バイオハザード レジスタンス』をプレイするつもりが無い人には少々割高な買い物になってしまうのは残念だと思いました。価格を下げて『バイオハザードRE:3』単体で発売してくれれば購入のハードルがグンと下がると思うので、メーカーには実現してもらいたいですね(´ω`)

» AmazonでバイオハザードRE:3を購入する
» 楽天でバイオハザードRE:3を購入する

最後まで読んでいただきありがとうございました!この記事のご意見・ご感想は下記ツイートに返信お願いします(*’ω’*)

当サイトではこのタイトル以外にも色々なPS4ソフトのレビュー記事を書いています。意外な名作を見つけるチャンスかも?興味があれば下記のリンクをクリック!PS4ソフトのレビュー記事一覧はこちら

要チェック!今注目のPS4ソフト

関連コンテンツ

ポートフォリオ
rssを購読