姉妹サイト:affiliate.ks-product
雑記
このページではゲーム・商品などのレビューやニュースの感想をご紹介!
2014年08月29日

発売初日で制作費500億を回収w PS4 Destiny(デスティニー) 緩いマルチプレイが楽しい!特徴・魅力まとめ

 

destiny01

PS4、PS3で待望の新作「Destiny(デスティニー)」が9月11日ついに発売されました!!制作費500億円とか回収するのにどのくらいかかるのかなぁなんて思っていたら、なんと、発売初日だけで530億円を売り上げ制作費を回収してしまいました!恐るべし・・・w また、プレイレポートも公開しました。よろしければこの記事と合わせてご覧ください。

というか実は最近まであまり期待していなかったんですよね。SFチックな世界観があまり好きじゃないことと、プレイ映像を見ても普通のFPSという印象だったので。しかし、情報を調べていくにつれて「これはとんでもないゲームなのでは!?」と思うようになったのです。その気持ちを共有したく今回記事を書くことになりました。

Destinyは「Halo」シリーズのBungieが開発、「Call of duty」シリーズのActivisionが発売するということで、オンラインベータテストでは世界で460万人が参加し注目の高さがうかがえますね。今回はその注目作品である「Destiny」の情報をまとめました。ぜひ購入の参考にしてみてください。「数量限定ホワイトカラーのPS4同梱版」、「初回限定生産特典」、「Amazon限定特典」などもありますのでお見逃しなく!詳細はこちら

Destinyの制作予算は500億円!!ゲーム史上最大の規模!

Destinyの特徴を語る上で欠かせないのが制作予算です。その額なんと500億円!!去年発売されたGTA5が制作費260億円(当時は最高額)とかなり大きな話題を呼んだのですが(わずか3日で1000億円売り上げてあっという間に制作費を回収したのも更に凄いのですがw)、Destinyはさらにその上を行きます。しかもほぼ2倍。「国家プロジェクトか!」とツッコミたくなる額ですよね。

ちなみにDestinyはMMO RPG的な要素を含んでいるため10年計画でコンテンツを育てていくとのことです。つまりそういった運営費含めての500億円ということです。たぶん。それを差し引いてもやっぱ凄いですよね。日本国内のゲームでの最高額がGT5(グランツーリスモ5)で100億円ですからね。有名メーカーの一般的な作品でも数億円程度ですから文字通り桁が違います。恐るべしアメリカ。

Destiny紹介トレーラーDestiny ゲーム紹介トレーラー

DestinyはMMO RPGとFPSを良いとこ取りした超傑作!!

destiny04

DestinyはMMO RPGにFPS要素を取り入れ、ある種の究極形と言っていいぐらいのゲームバランスを持った作品です。「んなこといってもMMO RPGもFPSも分かんないよ」って人に簡単に説明します。

MMO RPG(Massively Multiplayer Online Role-Playing Game)は日本語でいうと大規模多人数同時参加型オンラインRPGです。このジャンルでは「ラグナロクオンライン」が有名で、その特徴は「何千人、何万人もの人と世界を共有できる」ことでしょう。一般的にオンラインマルチプレイといえばモンスターハンターのように数人でチームを組み、他のプレイヤーとは隔離された空間で遊ぶことになりますが、MMOはそれとは異なり、数多くのプレイヤーと空間を共有し同時に遊べます。

FPS(First Person shooter)は一人称シューティングのことです。いわゆるキャラクターの視点で操作するタイプのゲームです。PS4のタイトルではバトルフィールド4KILLZONE SHADOW FALLがあげられます。キャラクター目線なので、まるでその世界にいるかのような体感ができます。また、映像的にもリアリティを追求した作品が多いですね。

MMO RPGとFPSの欠点

MMO RPGはRPGという性質上、キャラクターのレベルと武器・防具・アイテムなどを揃えている人ほど有利になります。つまりプレイヤーの実力よりも、いかに長く遊んだかが優劣を決めるのです。ラグナロクオンラインのように10年以上続くゲームでは初心者はまともに楽しむことができないわけです。また、操作が単調なので操作する事自体は楽しくない場合がほとんどです。

対して、FPSは基本的にはキャラクターのレベルや武器や防具などの概念はありません。あったとしても、勝敗を大きく揺るがすほどの効果はありません。つまりプレイヤーの実力がものを言います。FPSというジャンルに慣れている人であれば新しいゲームであってもすぐに活躍できますが、ゲームが苦手な人はいつまでも勝つことはできません

MMO RPGとFPSを組み合わせることで欠点が解消し神ゲーが誕生!

DestinyではMMO RPGとFPSを組み合わせることで互いの欠点を上手く解消しています。FPSの腕に自身が無い人はキャラクターのレベルを上げ、武器や防具を揃えれば十分に戦えるようになりますし、逆にゲームに参加したばかりでキャラクターのレベルが低くても実力があれば十分に戦うことが可能なわけです!そして何よりFPS的特性でアクション性が強くなるためキャラクターを操作すること自体が楽しくなります。

「けど、レベルが低くて実力も無い人はどうするの?」「レベルが高くて実力がある人が最強では?」という疑問もあるかと思いますが、Destinyは基本的に緩いつながりのマルチプレイなので自分のペースで遊ぶことが可能です。

「緩いつながり」のマルチプレイが心地よい

destiny03

DestinyではFPSのマルチプレイのように対人戦をすることや、モンハンのようにチームを組み協力して戦うことも可能ですが、それが苦手な人もいるかと思います。

そんな人の為なのかどうかは分かりませんが、Destinyはソロプレイでもクリア可能になっています。しかし、ソロプレイと言ってもただのソロプレイではありません。同じフィールドに他のプレイヤーが多数いるわけです。一人で戦っていたつもりが知らぬ間に他のプレイヤーに助けてもらっていたり、また逆に自分が他のプレイヤーに加勢しているということが当たり前のように起こるのです。

現実世界と一緒でソロプレイをしているつもりでも、実は他人に何らかの影響を及ぼしている、そんなリアリティがすごく心地よいんですよね。こういった仕組みが今後のデファクトスタンダードになるかもしれません。

また、チームプレイをする場合でも、探索中に他のチームに遭遇して共闘することもあります。こういった「偶然の出会い」が生み出す楽しさもDestinyの魅力です。

Destinyは10年遊べるMMO RPG/FPSである

destiny08

Destinyは10年遊べるゲームです(公式がそう発言しています)。他のMMO RPGもそうですが基本的にMMO RPGは人と人のコミュニケーションがコンテンツなので飽きることが無いんですよね。同じゲームでも遊ぶ相手が変われば楽しみも変わるのです。

そして冒頭でお話ししましたが、制作予算500億円を投じていることもあり、今後さまざまなイベントが追加されていくことでしょう。

また、MMO RPGならではの要素として、キャラクターのメイキングや、育成、クラスチェンジ、アイテム・武器・防具の収集などやりこみ要素が満載です。コツコツじっくりと遊びたい人にもオススメできます。

オンラインゲームの欠点としてオンラインサービスの終了時期の問題があって、1年、2年でサービスが終わる例も珍しくありません。発売から少し遅れて購入したら「数ヶ月でサービスが終了した・・・orz」なんてこともあるわけです。しかし、10年計画が公言されているのでそんな心配無用です!ベータテストで460万人がプレイしているわけですから廃れることなく10年遊べるでしょう。

「Halo」を開発したメーカーだからFPSとしてのクオリティも高い!

destiny05

DestinyはXboxの名作FPS「Halo」を手がけたクリエイター達が放つ最新作ということで、FPSとしての基盤部分の出来は強固なものです。

基本的にはライトユーザーでも参加しやすいようにメインウェポンはほとんど弾切れすることなくガシガシ撃ちながら攻略していくことが可能です。またシールドのおかげで多少の無茶は平気です。操作感はいわゆるスポーツFPSで軽快でスムーズな操作が可能になっています。また、「ブーストジャンプ」などのアビリティを使うことでより軽快で自由なアクションが可能になります。さらに上位のアビリティを身につければ空中を自在に飛び回るようなアクションも可能なんだとか。

また、3D酔いしにくいように設計されているので酔いやすい人でも安心して遊べます(Half-Life2は10分で酔って投げた苦い思い出w)。

Destinyはストーリー(キャンペーン)モードもちゃんと楽しめる!

MMO RPGというと中身が薄いミッションをひたすら繰り返しプレイしていくものも少なくありませんが(というか大半がそんな気がします)、Destinyのストーリーモードのボリュームは20時間とも言われているので、ソロでも一般的なMMO RPG、FPSより長く遊べるということです。もちろんストーリーモードでも緩くつながることや協力プレイも可能です。

Destinyは課金なし!パッケージ料金だけで遊べるオンラインゲーム

destiny02

MMO RPGというと最初は無料だけど、月額料金が必要だったり強力な装備は課金が必要だったりというのが一般的です。今の日本のソーシャルゲームブームでは月に何万円もの課金をしたりと社会問題になっています。

しかし、Destinyは最初にパッケージ料金を支払えばあとは無料で遊ぶことが出来ます。月額料金もアイテム課金も無しです。

ただ、Destinyは今後10年間運営されていくと言われていますから、どこかで収益を得ないと運営できませんので、おそらく将来的には追加マップや追加ストーリーといったもので課金が必要になるのではないかと思います。

Destinyのゲームシステムをざっくり紹介

destiny10

クラス・サブクラス・アビリティの組み合わせでプレイスタイルは無限大

Destinyではプレイを始めるとまずクラス(職業)を選択します。クラスには以下の3つが存在します。

タイタン
攻撃と防御に長けたパワータイプのクラス
ウォーロック
超能力(魔法)を操り範囲攻撃を得意とするクラス
ハンター
銃と剣の扱いに長けた攻撃特化型クラス

また各クラスにはサブクラスが用意されていてキャラクターのレベルが一定以上になると習得できます。サブクラスという概念が少し分かりにくいと思いますので例を挙げると、「デザイナー」というクラスには「Webデザイナー」「ファッションデザイナー」「建築デザイナー」といったサブクラスがあるといったイメージです。

それぞれのクラス・サブクラスは固有のアビリティを覚えることが出来るのでキャラクターの成長に応じてプレイスタイルも大きく変化していくでしょう。武器はクラスに関係なく自由に装備可能なのでより戦略の幅が広がります。

ゲームモードも充実!

現在判明しているゲームモードを紹介します。

クルーシブル
対人対戦モード。FPSではお馴染のモードですね。拠点制圧・防衛戦、デスマッチなど色々な対戦形式があります。FPSが好きな人はこのモードばかり遊んでしまうこと請け合いです(笑)
リサーチ
広大なオープンワールドの探索に特化したモード。アイテム収集や育成、敵の討伐など自由に楽しみましょう。ランダムにイベントが発生することも。このモードでも緩く他のプレイヤーとつながっています。
ストライク
協力プレイ(CO-OP)に特化したモード。チームプレイが前提なのでソロで入ると強制的にチームを組むことになります。基本的には強敵と戦うことになります。
タワー
TPS視点で展開されるモード。他のプレイヤーとのコミュニケーションやチームの編成、装備の強化などが行えます。
ストーリー
メインストーリーを追うモードです。ソロプレイ、チームプレイどちらでもOK。他のプレイヤーとも緩く繋がっているので手助けすることも可能です。

ストーリー(キャンペーン)モードクリア後には新たなゲームモードが追加!

20時間に渡るストーリーモードをクリアすると「Raid」と「Nightfall」の2つのモードが追加されます。これらのモードの特徴は下記のとおりです。

Raid
フレンドとの協力プレイを前提としたモード。ストライクなどの協力プレイでは1ミッション20分~60分程度でクリアできますが、Raidは数時間かかるとされ、フレンドと綿密なコミュニケーションを取らないとクリアは難しい非常に作りこまれた高難度モードです。
Nightfall
Nightfallは既存のミッションに適用することでより高難度化し、より良い報酬やレアアイテムを入手できるようになるモード。敵の強さがキャラクターのレベルに応じて変化します。また、Nightfallにはデイリー、ウィークリーの2つに分類されていてウィークリーでは、探索領域の最深部を舞台にしたより高難度のチャレンジをすることになります。キャラクターとプレイヤー両方のレベルが求められるモードといえます。

ベータ版テスターからは賞賛の声!!

destiny09

全世界の460万人がテスターになったDestinyベータ版。プレイしたユーザーからは賞賛の声が上がっています。その一部を紹介します。

  • いつの間にか他のプレイヤーと繋がり共闘出来るのが、気を使わず楽しめるので非常に良かった。
  • 突発的に起こるイベント仕立てのワクワク感が印象的でした。
  • 大変美しいグラフィックに感動し、Coopの遊びやすさに感心した。
  • フィールドマップが作り込まれていて、隅々まで探索したくなります。
  • 効果音が耳に心地よいです。BGMの曲調も相まってより深くゲームに感情移入できます。
  • 今までに無いぐらいの大規模なオンラインFPSでこんなにも楽しいとは思いませんでした。
  • FPSというジャンルが嫌いだったが、このゲームはなぜだか購入したいぐらい面白い。成長システム&武器収集が絶妙、難易度の設定が丁度いい。
  • グラフィックデザイン、ゲームシステム何をとっても現段階のPS4で遊べるゲームでは間違いなくトップだと思いました
  • これまでのゲームの集大成のような内容だと思う
  • ローカライズが素晴らしい!

テスターのプレイ動画もアップされていましたのでこちらも一部紹介します。

こちらの動画はストーリーモードをプレイしている模様です。散策中に見知らぬプレイヤーと出会い共闘しています。

【Destiny】#6 がち芋 どんな旅が待ってるんだ! 【PS4】

続いてこちらの動画はクルーシブル(対人対戦)の模様ですね。月面での戦闘の模様ですがグラフィックがヤバイですね。

【PS4】おついちのDestiny【β】 #1

発売初日にプレイしたユーザーからは絶賛の声!

発売初日にプレイしたユーザーからはDestinyを絶賛する声が多数!!期待以上の内容だったことが伺えますね。

DestinyはPS4版が圧倒的にオススメな理由

Destinyは日本ではPS3版とPS4版が発売されますが、圧倒的にPS4版がオススメです。なぜなら数年後にはPS3自体の寿命が尽きるからです。おそらくPS3版のオンラインサービスは数年で終わるのではないかと思います。

あと、グラフィック表現と快適性がPS3版とPS4版では段違いです。他の作品と比較してDestinyはPS3版も健闘していますが、ライティングやテクスチャの違いは一目瞭然です。多人数プレイが前提なので処理落ちの問題などもありますね。また、ダウンロード容量がPS3版が7.4GBに対しPS4版は17.4GBと倍以上!これはPS4版には高解像度のテクスチャなどが使われていて、より美しいグラフィックであることを意味します。

下記の動画はPS4版のプレイ映像を早回ししたものですが雲の表現がヤバイです。さすがPS4といった感じの映像ですね。

Destiny Timelapse Clouds

【数量限定】PS4本体同梱版「Destiny Pack」発売!Amazon限定特典も

destiny

Destiny発売を記念をしてPS4同梱パッケージも発売されます!

白いPS4、いいですね!PS4って黒くて角ばっているから威圧的で人によってはインテリアとして相応しくないと感じる人もいると思うんですよね。でも白いPS4ならマイルドな感じで部屋との調和も取れるのかなって思います。汚れが目立たないというのもポイント高いですね。PS4の鏡面加工してる部分ってホントすぐに汚れるんですよね・・・w レアな白いPS4は数量限定なので予約必須ですよ。10月9日、白いPS4単体で発売されることになりました。

また、9月10日までにAmazonで購入するとDestiny スターマップ壁紙(Bungie特製のAmazon限定デジタル壁紙)付いてきます。また、初回生産分にはもれなく限定特典としてプロダクトコード3種が同梱されます。お見逃し無く!

なお、ソフト単体のダウンロード版の価格が7,900+税なのでAmazonで購入すると約1,000円お得です!

追記:
今購入するなら拡張コンテンツがパックになったレジェンダリーエディションがオススメです。2015年9月17日注文分までAmazon限定特典が付いてくるのでお見逃し無く!

Destinyまとめを書くのに参考にしたサイト

↓ 9/28 プレイレポートも書きましたのでよろしかったらご覧ください!

オススメはこれ!部門別PS4ゲームソフトランキングTOP5 [レビュー・評価付き]

ポートフォリオ
rssを購読
こちらの記事もいかがですか?