ゲーム
このページではゲームのレビューや攻略記事などを取り扱っています。
更新日:2020年02月12日

【評価・レビュー】ペルソナ5スクランブルはオススメか?意外な特徴とは?【P5S徹底解説】

 

2月6日より配信開始されたPS4専用ソフト『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ (P5S)』の体験版、皆さんはもうプレイしましたか?

『ペルソナ無双』などと言われている本作ですが、早速プレイしてみたので遊んでみた感想や意外なゲーム性などをレビュー&徹底解説していきたいと思います(体験版は製品版の冒頭1時間分をプレイ出来る内容となっています)。

ざっくりと結論を言ってしまうと、オススメです。ペルソナ5ファンなら大満足の内容になっていると思いました。その理由はプレイしている感覚は無双ではなくペルソナだったからです。このあたりを踏まえてレビューしていきます(*’ω’*)

この記事の目次

ペルソナと無双シリーズの融合!P5Sの斬新な戦闘システム

ペルソナ5スクランブルの戦闘システムは無双シリーズっぽくなると予想していたんですが、実際にプレイしてみて結構違った印象を受けました。

私の場合は無双というよりペルソナに近い戦い方だと感じました。アクションかと思いきやRPGの戦闘をプレイしている感覚が強いです。

ただし、これはプレイスタイルにより大きく変わってくる部分だと思います(詳しくは後述します)。

続いて戦闘の個々の要素について解説していきます。

全体的に無双シリーズよりもクオリティは高い

戦闘全体を通してのクオリティは無双シリーズよりも高いと思いました。

無双シリーズは『大量の敵をまとめて倒す爽快さ』を売りにしている反面、敵に重量感がなく『草を刈ってる感覚』だったんですよね。だから、あまり爽快だと感じなかったんです…。

一方で、ペルソナ5スクランブルはクールでスタイリッシュなキャラデザインなので、重量感の無さがマイナスになっていないんです。無双シリーズでは感じた『違和感』を感じずにプレイ出来たのは素直に良かったと思います。

通常攻撃時はオーソドックスな無双アクションが楽しめる

基本操作は無双シリーズと同じく、□ボタンで弱攻撃、△ボタンで強攻撃といった感じです。

□ボタンと△ボタンの組み合わせで多様な連続技が繰り出せるお馴染みの仕様ですね(空中コンボも可能です)。

こういった通常攻撃による連続技を駆使したプレイ感覚はまさに無双シリーズそのものです。爽快な無双アクションが楽しみたい人はこの攻撃を軸に戦うと良いでしょう。

ペルソナのスキルや銃撃は時間が止まるコマンド選択方式

無双シリーズにはないペルソナ5スクランブル独自の要素として、ペルソナによる『スキル』や『銃撃』といった攻撃方法があります。

これらを使う場合は時間が止まるコマンド選択式になります。このあたりの操作感覚はペルソナ5のRPG的な戦闘そのものです。

スキルの使用にはSPまたはHPを消費し、銃撃には銃弾を消費します。まんまペルソナ5の戦闘なんですよね。

時間を止めてじっくりと考えることも出来るので、「アクションに自信が無い」という人でも遊び易いかと思います(*’ω’*)

『弱点』を突いてダウンを取れば『総攻撃』で大ダメージ

ペルソナ5本編と同様にスキルには属性があり、敵の弱点を突くことでダウンを取ることが出来ます。

ダウンした相手には〇ボタンで『総攻撃』を繰り出せます。総攻撃では周囲の敵を巻き込んで大ダメージを与えるので、これを上手く活用していく事が攻略のカギになると思います。

無双アクションに『弱点』という要素を取り入れたのは面白い試みだと思いました。少し単調だった無双アクションが戦略的なアクションに生まれ変わるわけですからね。

ギミックを利用したアクション

戦う場所によってはギミックを利用した攻撃も可能です。

操作方法は簡単で、対象のオブジェクトにカーソルを合わせ〇ボタンを押すだけです。そうするとオブジェクトに飛び移るので、その後に△ボタンを押すことでオブジェクトに応じたギミックを発動します。

体験版では利用できるオブジェクトが少ないこともありあまり魅力的に感じませんでしたが、製品版では色々なギミックが登場することを期待したいと思います。

プレイスタイルでプレイ感覚は変わる

ペルソナ5スクランブルは無双シリーズとは違い、プレイスタイルによって大きくプレイ感覚が変わります。

通常攻撃による連続技主体で戦う人は無双アクションが楽しめるし、スキルや銃撃主体で戦う人はペルソナのRPG的戦闘が楽しめるといった感じです。

ほとんどの人はその両方を組み合わせて戦う事になると思いますが、人によってプレイ感覚が変わるのは面白い試みだと思いました。

パーティーメンバーも操作可能

製品版では主人公以外のパーティーメンバーも操作可能とのことです。

はたして操作感覚にどう影響するのか気になるところ。私は『世紀末覇者先輩(新島真)』を操作して敵を蹴散らすのが楽しみです(*’ω’*)

P5Sにもレベルアップや装備品といったRPG要素アリ

ペルソナ5スクランブルにもペルソナ5本編と同様、レベルアップや装備品といったRPG要素が存在します。

レベルアップをすれば新たなスキルを覚える

敵を倒して経験値を得ることでレベルアップします。パラメーターが上昇する以外にも新たなスキルを覚えるので、次第に戦略性が広がっていきます。

上の画像を見ても分かる通り、ステータス画面はほぼほぼペルソナ5と同じ作りとなっています。アクションだからと言って成長要素に手抜き感は全くないですね(*’ω’*)

装備品による強化も出来る

キャラクターの強化はレベルアップ以外にも装備品で行う事も出来ます。

装備品はマップを探索して入手したり、敵から得たお金を使ってショップで購入することが可能です。

レアドロップの強力な武器なんかも存在しそうなので、やり込みが捗りそうです(‘ω’)ノ

というように、ペルソナ5スクランブルではRPGのようにレベリングや装備の強化が重要なので、プレイスキルだけでガンガン攻略していくというよりは、じっくりと戦って育てていくことが重視されるのではないかと思われます。

ペルソナチェンジで戦いの幅が広がる

ペルソナ5と言えば『ペルソナチェンジ』。もちろん、ペルソナ5スクランブルでも採用されています。

戦闘中にペルソナを切り替えて戦略的に戦える

『ペルソナ』とはドラクエやFFで言う職業・ジョブみたいなもので、セットするペルソナによってパラメーターや使えるスキルが変わってきます。

ペルソナはメニュー画面だけでなく、戦闘中にリアルタイムで切り替えることも可能で、敵や戦況に応じてペルソナを使い分けるといった戦略的な戦い方が可能になっています。

ペルソナは敵を倒すと手に入る

新たなペルソナは敵を倒すことで入手することが可能です(ペルソナ5では敵と会話することで入手出来ましたが、本作はアクションということもあり倒すことで入手する仕様に変更されたようです)。

また、ペルソナにはそれぞれ個別にレベルが設定されていて、レベルアップすることでパラメーターが上昇し、新たなスキルを覚えていきます。

ベルベットルームで『ペルソナ合体』も可能!

体験版では触れることは出来ませんでしたが、製品版では『ベルベットルーム』と呼ばれる精神世界で複数のペルソナを合体し、新たなペルソナを生み出すことが出来るようです。

これもペルソナシリーズお馴染みの奥深い要素ですよね。思った以上にボリューム感が凄そうです(・∀・)

P5Sのアドベンチャーパートはペルソナ5のシステムを踏襲

ペルソナシリーズと言えば街や学校を探索できるアドベンチャーパートも魅力ですが、これもペルソナ5スクランブルに採用されています。

街を自由に探索できる

本作ではペルソナ5の舞台となった三軒茶屋や渋谷駅は勿論のこと、沖縄や仙台といった地方の観光地を自由に探索することが出来ます。

アイテムや装備品の購入もこの時に行うことが可能です。この辺りのプレイ感覚はまんまペルソナ5ですね。

仲間との絆イベントも楽しめる

仲間との絆を深めるのもペルソナシリーズの魅力ですが、これも健在です。

本作では仲間と絆を深めることで『BANDポイント』というものが得られ、このポイントを消費することでメンバー全員のパラメーターを向上させたり、特殊な能力を得たりすることが出来るようです。

レベルアップとは違った成長要素が楽しめるのもなかなか良さげですね(・∀・)

P5Sの濃密なストーリーはペルソナ5にも劣らない

体験版は1時間程度のボリュームでしたが、プレイ時間の半分は会話イベントやムービーでした。

冒頭部分をプレイしただけなので推測になりますが、ペルソナ5本編と変わらぬボリュームの濃密なストーリー、イベント量が期待できるのではないかと思います。

イベントの見せ方も手抜き感が一切なくペルソナ5本編のイベントシーンを見ている感覚なんですよね。なんらなアクションパートよりもストーリーがメインだと言えるレベルですね(笑)

注意:体験版からの引継ぎは出来ない

ペルソナ5スクランブルの体験版では冒頭1時間分がプレイできますが、製品版には引継ぎ出来ないので注意が必要です。

体験版ではストーリーが割としっかりと描かれているのですが、あまりじっくりと楽しんでしまうと製品版の序盤が退屈になってしまうので、ストーリーはざっくりと眺める程度にして、バトル部分だけ楽しむようにした方が良いかも知れませんね(´・ω・)

結論:ペルソナ5スクランブルは思った以上にRPGだった!

というわけで、ペルソナ5スクランブル体験版のレビュー及び要素の解説をしてきましたが結論を述べます。

冒頭にも書いた通り、無双アクションというよりはRPGとしてのペルソナをプレイしている感覚が強いです。

ペルソナ5ファンなら違和感なく楽しめる内容

ボリューム感的にもペルソナ5の戦闘パートだけをアクションに変更して、アドベンチャーパートはそのまま踏襲した作品といった感じなので、スピンオフではなくペルソナ5の正当な続編をプレイするつもりで購入しても問題ない内容だと思います(‘ω’)ノ

例えるなら、先日発売された龍が如く7で感じた印象に近いです。これまでアクションだったシリーズがRPGに一新されたことで一瞬戸惑ったものの、プレイしているうちに「あぁ、やっぱりこれ龍が如くの正当な続編だわw」と思うようになるのと同じ感覚です(笑)

ということなので、基本的にペルソナ5が好きなら大満足の内容となっていて、違和感もほとんど感じないと思います。逆に、無双シリーズを遊ぶつもりで購入すると違和感を感じるかも知れません。あくまでペルソナ5ファン向けの作品と感じました。

クリア後のやり込み要素も充実

また、公式発表によるとやり込み要素として、レベルや装備を引き継いでの高難易度の周回要素や、シリーズでお馴染みの強敵『刈り取るもの』と戦う事も出来るようです。

『周回要素限定の特別なペルソナ』も登場するみたいなので、かなりのボリュームが期待できそうですね。

また、公式が『3分でわかるP5S』という紹介動画を投稿しているので、実際のプレイ画面を見て確認したい人は参考にどうぞ(‘ω’)ノ

ペルソナ5スクランブルの世間の口コミ・評判

ペルソナ5スクランブルの体験版をプレイした人の口コミ・評判をまとめました。

といった感じの評価ですね。
アクションゲームとしてのクオリティの高さを評価する声も多かったですし、ペルソナ5を上手くアクションRPGに落とし込んでいるという声も多かったです(*’ω’*)

ペルソナ5スクランブルの先着購入特典や豪華限定版もお見逃しなく!

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズの発売日は2020年2月20日です。

先着購入特典は数量限定の可能性があるので購入を検討している方は予約をお早めに。また、豪華限定特典がセットになったオタカラBOXも同時発売なのでコレクターの方はお見逃しなく!

個人的に歴代バトルBGMがセットになった先着購入特典はマストアイテムだと思います。オシャレでテンションが上がる名曲ばかりなので、戦闘がグンっと楽しくなるのは間違いないと思います!!(*’ω’*)

» Amazonでペルソナ5 スクランブルを購入する
» 楽天でペルソナ5 スクランブルを購入する

最後まで読んでいただきありがとうございました!この記事のご意見・ご感想は下記ツイートに返信お願いします(*’ω’*)

当サイトではこのタイトル以外にも色々なPS4ソフトのレビュー記事を書いています。意外な名作を見つけるチャンスかも?興味があれば下記のリンクをクリック!PS4ソフトのレビュー記事一覧はこちら

要チェック!今注目のPS4ソフト

関連コンテンツ

ポートフォリオ
rssを購読