ゲーム
このページではゲームのレビューや攻略記事などを取り扱っています。
更新日:2019年09月28日

ワンピース ワールドシーカーのレビューが大荒れ!評判・口コミを分析

 

期待の新作として注目されていたPS4用ソフト『ワンピース ワールドシーカー』が発売されて一週間が経ちましたがレビューは大荒れですね…(;^ω^)

Amazonレビューでは星1つと2つが67%を占めているといった悲惨な状態です。

なぜこのような低評価を受けてしまったのか、口コミ・評判を分析して考察していきたいと思います。

ワンピース ワールドシーカーの口コミ・評判

ワンピース ワールドシーカーの口コミ・評判は大まかには下記の通りです。

まずは良い口コミ・評判から紹介します。

  • ストーリーは良い。後半は特に盛り上がる
  • ルフィをオープンワールドで操作できる
  • ゴムゴムの能力で飛び回るのは気持ち良い

次に悪い口コミ・評判です。

  • キャラボイスが少ない
  • ルフィ以外のキャラが操作できず存在感も薄い
  • クエストが単調過ぎる
  • 敵の行動がワンパターンで飽きる
  • オープンワールドがスカスカで寂しい
  • 敵の射撃が鬱陶しくてストレス

といった感じでした。

これらについて深堀して分析していきます。

ストーリーは良い。後半は特に盛り上がる

ワンピース ワールドシーカーは人気漫画のワンピースをゲーム化したものなので、ストーリーの評価は非常に高いですね。

ゲームオリジナルのストーリーですが「本編にも劣らないクオリティ」という意見も多いです。

特に中盤から終盤にかけての盛り上がりは流石と高く評価する人が非常に多いと感じました。

ルフィをオープンワールドで操作できる

今作は広大なオープンワールドが舞台という事で、普段こういったゲームをプレイしたことが無い人や、「ルフィを操作して冒険をしたかった」という人は高い評価をしている傾向が強いですね。

特に『初めてのオープンワールド』ってなるとメチャクチャワクワクしますからね(*‘ω‘ *)

ゴムゴムの能力で飛び回るのは気持ち良い

これはプロモーションムービーを見て私も感じた事なんですが、ゴムゴムの能力で広大なフィールドを飛び回るのはメッチャ爽快そうだと思いました(*‘ω‘ *)

昨年の9月に発売されたマーベルスパイダーマンと比べるとどうしても見劣りしてしまうものの、映像を見ただけでも爽快だと分かるのは日本のメーカーも捨てた物じゃないなと思いました!

・・・

良い意見はここまでです。
これ以下は辛口意見が続きますので覚悟して(?)読んでください。

キャラボイスが少ない

とにかくキャラクターボイスの少なさが気になった人が多いようです。これはストーリー重視の作品としては致命的と言えるかもしれません。

メインストーリーのムービーパートではきちんの喋るんですが、それ以外のパートでは棒立ちのキャラクターが一言だけ喋るという味気無いものになっていることを酷評する意見が多いですね。

例えるなら、龍が如くシリーズのサブクエの様な機械的な会話が延々と感じですね。

サブクエならまだしも、メインクエストもほとんどがこんな感じらしいので、テレビアニメの様にキャラクターが喋るのを期待していた人は落胆してしまったようです。

ルフィ以外のキャラが操作できず存在感も薄い

これは発売前から何となくわかっていたことですが、操作キャラがルフィ1人だけです。ファンとしてはゾロ、サンジ、ナミといった仲間たちも操作したいという声が多かったです。

操作出来ないだけならまだしも、仲間たちがモブキャラ並みに存在感が無いことにガッカリしたという声もありました。

ワンピースと言えば仲間が助け合う姿のが魅力だったりしますが、ワンピース ワールドシーカーではひたすらルフィ一人が戦う感じなので、それに違和感を感じる人も少なくありませんでした。

クエストが単調過ぎる

ワンピース ワールドシーカーの基本的な進め方は、オープンワールドゲームによくある特定の場所に行ってクエストを受注するというものですが、これがかなり単調という声が多かったですね。

クエストの内容は『〇〇を5つ集めろ』的なものばかりで「おつかい感が半端無い」と酷評されていました。

とはいえ、人気の高いオープンワールドゲームも基本的には同じことをやっているだけなんですが、不満に感じないどころか面白いと感じるのは、『単純な事でも面白く見せる技術に長けている』ということなんでしょうね。モンハンなんてまさにその代表的なもので全編にわたって素材集めしてばかりですからね(笑)

バトルも単調で爽快感に欠ける

バトルについても低評価な意見が多かったです。

とにかく敵の種類や行動パターンが少なく雑魚バトルが作業になりがちという意見がありました。ルフィの攻撃パターンもワンパターンで飽きるようです。ルフィは能力を強化する事で新しい技を覚えますが、それでもバリエーションが少なく単調とのこと。

そして、本作は派手で爽快なアクションというよりも敵に気付かれないようにステルスするのが基本的な遊び方なので、ルフィーのキャラクターに合ってないとミスマッチ感を指摘する意見もありましたね・・・(´Д⊂ヽ

オープンワールドがスカスカで寂しい

ワンピース ワールドシーカーのセールスポイントでもあるオープンワールド自体の作り込みに関しても低評価が多いです。

PS3世代を思わせるグラフィックに関してはアニメ調だからということで許せますが、街の建物はハリボテ感満載住民やNPCの数も少なく廃墟の様な寂しさを感じる意見も多数ありました。

広いだけのオープンワールドに魅力は感じにくいですよね…(´Д⊂ヽ

敵の射撃が鬱陶しくてストレス

先程、『ゴムゴムの能力で飛び回るのが爽快』と書きましたが、敵がいるエリアでは精密射撃で簡単に撃ち落されます。これが結構ストレスだと感じる人が多いようですね。

似たようなシチュエーションが存在するマーベルスパイダーマンでは敵の攻撃を察知する能力で簡単に銃弾を避けられたんですが、ルフィにはそういった能力は備わっていないようです…。

このゲームの一番とも言える魅力を自ら台無しにしてしまっているのは非常に勿体ないと思いました(´Д⊂ヽ

ワンピース ワールドシーカーの失敗の要因は予算配分を誤ったこと

ワンピース ワールドシーカーにここまで低評価が付いてしまった原因は予算配分を見誤った事だと思うんですよね。

おそらくオープンワールドゲームを作れるほどの予算はもらえて無かったはずです。

オープンワールドマップだけはなんとか完成したものの、そこで予算は尽きてしまった。

その為、キャラクターボイスはほとんど無しになり、クエストは同じ作業を繰り返す単調なものになり、そして、肝心なオープンワールドは廃墟の様なもの寂しい姿になってしまったのだと思います。

まさにオープンワールドゲームにありがちな典型的に失敗例だと思います。オープンワールドゲーム出始めの頃はこういうゲーム多かったんですよね(´ω`)

マップの規模を半分に縮小して中身を充実させた方が評価は高かったと思います。フルボイスも可能だったかもしれません。

ワンピース ワールドシーカーの続編が出るなら期待できるかもしれない理由

もし、ワンピース ワールドシーカーの続編が出るとするなら期待できるかもしれません。

なぜなら、本作でオープンワールドゲーム制作のノウハウを手に入れたことで、次回作以降の開発費を大きく削減できるからです。

そして、本作に低評価が付いたことで改善点はハッキリしたわけです。ですから、次回作にこれらの改善点を全て取り入れれば高い評価を得る事はさほど難しくないはずですよね。道標があれば物事は比較的スムーズに進むものです。

・・・

というわけで、ワンピース ワールドシーカーについての口コミ・評判について話しました。

純粋なオープンワールドゲームという点では、他にも優れた作品はいくらでもあるのでオススメはしませんが、ワンピースファンでオリジナルのストーリーを楽しみたいという人は遊んでみてはいかがでしょうか。

» Amazonでワンピース ワールドシーカーを購入する
» 楽天でワンピース ワールドシーカーを購入する

要チェック!今注目のPS4ソフト

関連コンテンツ

ポートフォリオ
rssを購読