ゲーム
このページではゲームのレビューや攻略記事などを取り扱っています。
更新日:2019年03月21日

DOA6が低評価の理由は?評判・口コミまとめ【無料版配信で炎上】

 

3月1日に発売されたDOA6(デッドオアアライブ6)ですが、Amazonのレビューを見てもらうと分かる通り圧倒的に星1つの最低評価が多いですね。

また評価が低いだけでなく、いくつかの理由により炎上している状態です…(;^ω^)

というわけで、今回はDOA6が炎上している理由および私の見解と、世間の評判・口コミについて書いていきます。

 DOA6が低評価そして炎上した最大の理由は『無料版』が配信されたから

DOA6が炎上した最大の理由は『基本無料版』がリリースされたことです。

フルプライスの製品版が発売されてからたったの2週間で告知無しに基本無料版が配信されてしまったのです・・・。

発売からたった2週間で告知無しに無料版配信はコアユーザーに対する裏切り行為

基本無料版には使用キャラやストーリーに制限がかかっているものの、愛用キャラが基本無料版で使えるならタダで遊べてしまうんですよね。もし使えなくても1キャラあたり400円で追加することが出来ます。

格闘ゲームは『1つのキャラクターを集中して極める』という遊び方が一般的です。ですから、最初から基本無料版をプレイしていれば1,000円もしないで十分遊ぶことが出来るんです。

基本無料版が出るのは半年ぐらい後だろうから…」と思ってフルプライス版を購入した人は多いと思うんですよね。それがたったの2週間後には無料化してしまったわけです。

1,000円で済むはずだったに8,000円も出してフルプライス版を買ってしまった人が怒るのも当然だと思います。

なぜこのタイミングで基本無料版が配信されたのか?

告知無しで発売からたったの2週間で基本無料版を配信すれば炎上するのは分かり切っている事だと思うんですよね。

ではなぜこのタイミングで基本無料版を配信してしまったのか?

それはDOA6の初週売上本数が26,442本と少なかったのが理由の1つだと思います。前作DOA5とマイナーチェンジ版DOA5LRは合わせて10万本以上売れていますからね。それに比べるとかなり売上が低迷しています。

また、前作では基本無料版が好評を博したことも理由になるかと思います(1,000万ダウンロードを記録したそうです)。

フルプライス版は売れたらラッキーといった感じで、売れなかったら早々見切りをつけて基本無料版をリリースするつもりだったのかも知れません。もし、フルプライス版の売り上げが好調だったら、基本無料版は半年は出さないでしょうね。

なんにせよ、既存ファンをないがしろにするメーカーの姿勢には残念です。

DOA6にはシステムの欠陥も多く『未完成版』を販売したことに対する怒りも

基本無料版がリリースされた以外にも炎上した理由はいくつかあります。

大まかに言うと『未完成のまま販売した』という事です。

『未完成』の内容は以下の3つが挙げられます。

コスチューム解放条件が鬼畜過ぎた

Amazonの評判・口コミで一番多かったものがコレですね。とにかくDOA6の特徴であるコスチュームの解放条件がキツ過ぎるんです。

104の課題のうち56クリアしてもお気に入りのキャラクターのコスチュームは1つしか解除出来ないという
時間にして10時間かけてもこれかと思うとやる気なんか無くなる

コスアンロックの設計図システムが苦行でしかもランダムでクソすぎです。
オフ専のユーザーから見れば、ほぼ絶望的な効率の悪さ。オフ専ユーザーはコス解除諦めろと?
フルプライスで買わせてこの理不尽極まる苦行システムはない。

コスチュームを解除するためには設計図というものを入手する必要があり、1回15分近くかかるアーケードモードをやっても設計図は1つのみ取得。少ないもので200枚でコスチューム解除できるものがあるが、1000枚で解除できるのもある。そうなるとコスチューム解除に費やす時間が何十時間にもなる。しかも、コスチュームの設計図はランダムなので狙って設計図を取ることはできない。

とにかく「コスチューム解放に時間がかかり過ぎる」という批判が多かったですね。

10時間プレイしてやっとお気に入りのキャラのコスチュームが1つ解除されるとか、全キャラ全コスチュームを解放するのにどれだけの時間を要するのでしょうか…。

しかも、コスチューム解放に必要な『設計図』はランダムに手に入る為、10時間やっても100時間やっても解放される保証は無いんです。

ちなみに前作はアーケードモードをクリアすればそのキャラクターのコスチュームが1つ解放されたので、必要な時間は10分程度で済んでいたんですよね。

いったいなぜこうなったしまったのか・・・?

後日、あまりのクレームの多さからアップデートで『設計図』の獲得量が100倍になり、得られる設計図もランダムではなく固定になりました。

フレンドと対戦が出来ない!ロビーマッチが未実装

DOA6のオンライン対戦にはプレイヤーのランクを左右するランクマッチと、そうではないロビーマッチがありますが、実はこのロビーマッチが発売時点では実装されていません。

一応発売前日に告知されてはいたものの、「未完成品を売るな!」という批判意見が結構多いです。

ランクマッチはプレイヤーのランクが変動するため、気軽に遊びにくいんですよね。基本的にガチプレイをする人向けなんです。

しかもランクマッチは基本的にはランダムで対戦相手が決まる為、フレンドとのんびり対戦をするという事が出来ません。

その役割を担うのがロビーマッチなんですが、発売時点でこの機能が無いのは『未完成品』と言われても仕方がないと思います…。

登場・勝利・敗北ポーズが1種類しかない

格闘ゲームには対戦前に登場シーンや勝利・敗北の演出があるのが一般的です。因縁のあるキャラクターの掛け合いとかワクワクしますよね。

これらのポーズがDOA6にはキャラクターごとに1種類しか用意されていないんですよね。90年代に発売されたスト2ですら複数種類あるのに…。

毎回同じ演出を見ることになるので、不自然や手抜き感が際立つんです…。

これは、3月、4月、5月の無料アップデートで追加されていくようですが、これは明らかに完成前に発売してしまった事実を表していると思います(;^ω^)

DOA6は格ゲーとしてクオリティが高いのは事実

発売当初から色々と低評価だったり炎上したりとやらかしてしまったDOA6ですが、格闘ゲームしてのクオリティは非常に高いと評判です。

DOAは96年に1作目が発売されて以来、20年以上も続く人気シリーズです。

『投げ』『打撃』『ホールド』という三すくみによる奥深い駆け引きや、グラフィックの美しさ、ギミックに富んだステージなど、格闘ゲームとしてのクオリティは本当に高いんですよね。

また、DOA6ではオンラインの回線環境も良好でスムーズな対戦が可能だと評判も良いです。

それだけに今回の炎上問題についてのメーカーの姿勢は残念ですが、ゲームの欠陥部分は今月末には改善されると思うので、気になる方は遊んでみてはいかがでしょうか。

» Amazonでデッドオアアライブ6を購入する
» 楽天でデッドオアアライブ6を購入する

要チェック!今注目のPS4ソフト

関連コンテンツ

ポートフォリオ
rssを購読