ゲーム
このページではゲームのレビューや攻略記事などを取り扱っています。
投稿日:2022年03月03日更新日:2022年11月03日

神ゲー確定!グランツーリスモ7が超高評価【口コミ・評判】

 

いよいよ3月4日、世界が待ち望んだ人気ドライビングシミュレーターの最新作『グランツーリスモ7』がPS4/PS5向けに発売されます!

海外レビューを総括したMetacriticのメタスコア、先行プレイした人の感想も公開されているので紹介したいと思います。

グランツーリスモ7の海外メタスコアが凄すぎる!

早速ですが、グランツーリスモ7のメタスコアですが、88点とかなり高得点をマークしました(*’ω’*)

88点ってそんなにスゴイの?

という意見もあると思いますが、過去10年間のレースシミュレーター(レースシム)の中では一番高い評価なんですよね。

参考までに過去10年間に発売されたレースシミュレーターを紹介します(いずれもコンシューマー版の評価)。

  • グランツーリスモ7:88点
  • グランツーリスモ Sport:75点
  • グランツーリスモ6:81点
  • FORZA MOTORSPORT 7:86点
  • FORZA MOTORSPORT 6:87点
  • FORZA MOTORSPORT 5:79点
  • ASSETTO CORSA:82点
  • PROJECT CARS 3:70点
  • PROJECT CARS 2:82点
  • PROJECT CARS:83点

こんな感じで、見事グランツーリスモ7が首位を獲得しました。

高評価を付けたメディアは、

  • 充実したソロプレイ
  • 圧倒的なグラフィック
  • 進化した挙動やサウンド
  • ハプティックフィードバックやアダプティブトリガーを駆使することでの没入感向上

と言った部分を評価し、
一方でマイナス評価を付けたメディアは、

  • 大きく変わらないゲーム性
  • 一部UIの不便さ

といった部分を問題点として挙げています。

グランツーリスモ7に革新性を求めている人には、少々物足りなさを感じる可能性がありますが、正当進化や集大成を期待している人には最高の作品になるのではないでしょうか。

グランツーリスモ7を実際にプレイした人の口コミ・評判は?

Youtube配信者でグランツーリスモ7を先行プレイした人がいますので簡単に要点をまとめていきます(‘ω’)ノ

圧倒的なボリューム!充実したゲーム要素

グランツーリスモ7は集大成的な作品なのでボリュームがスゴイです。

  • 60以上のメーカー、ブランド
  • 400車種以上の自動車
  • 34ロケーション、97レイアウトのコース
  • 1台あたり60種類以上のチューニングパーツ
  • 650種類以上のエアロパーツ
  • 130種類以上のホイール

といった感じで、クルマやコースのバリエーションだけみてもシリーズ最高レベルのボリュームになっていて、かつ、1つ1つの作り込みが半端じゃないんですよね。

さらに、「グランツーリスモと言えばコレ!」と言う人も多いでしょう。

ファン待望の『キャンペーンモード(GTモード)』が復活です。

簡単に説明すると、

  1. まずはライセンスモードで免許を取得し、レースの出場権限を得る
  2. 最初は中古で安価なクルマを購入し、ビギナー向けレースに出場して経験を積む
  3. 賞金を貯めてチューンナップする
  4. パワーアップした車でより難しいレースに出場する
  5. さらに得た賞金でより速いクルマを買う
  6. あらゆるレースに勝利して頂点へ

といった感じで、RPG感覚で楽しめるモードなんですよね。

25年前、はじめてグランツーリスモをプレイした時は、憑りつかれたようにプレイしていましたね。それぐらい中毒性があります(*’ω’*)

実写さながら!圧巻のグラフィック

グランツーリスモシリーズと言えば、『車のグラフィックのこだわり』が大きな特徴でしたが、さらに磨きがかかりました。

PS5版ではレイトレーシングを有効にすれば、細かなディテールの表現が強化されます。

そして、『こだわり』は車だけではありません。

今作では天候表現がとにかくスゴイです。

雲の生成過程までもがシミュレーションされていて、雲模様はリアルタイムに変化し、同じコースでも走る場所によっては天候が変わってくるんですよね。

そして、時間経過の概念もあります。朝、昼、夕、夜とリアルタイムに様変わりします。

こういった要素が組み合わさることで、1つのコースが無数の形に姿を変えるわけです(‘ω’)ノ

サウンドが強化され臨場感アップ!

サウンド面の進化も素晴らしいです。

エンジン音サンプリングの品質向上は勿論ですが、PS5版では3Dオーディオにより圧倒的臨場感が体感可能なようです。

あと、個人的に良いと思ったのが『フロントガラスに雨がぶつかる音』ですね。

今までは、従来のグランツーリスモシリーズは環境音が控えめで物足りなさを感じていたのですが、こういった音色が強化されることでリアリティが底上げされたように思えます。

PS5版は操作感覚が進化し、没入感向上!

これはPS5版に限定されることですが、『ハプティックフィードバック』や『アダプティブトリガー』により没入感が向上したことも良いですね。

これまでは『視覚』と『聴覚』しか感じることが出来ませんでしたが、PS5版では『触覚』も感じることが可能になりました。

これにより、路面の細かな凹凸だったり、タイヤが滑り始める感覚を察知することが出来るので、没入感が向上するだけでなく操作性も向上したと言えるでしょう。

ロード時間は結構気になるかも…

欠点としてはロード時間の長さですね。

これは過去作でもそうだったんですが、膨大なデータを読み込むこともあってか一般的にレースシミュレーターはロード時間が長いです。

PS4版は前作『グランツーリスモSPORT』と同じぐらいで、レース開始前に1分ぐらいかかるようです。

PS5版は超高速SSDによりロード時間自体は大幅に短縮されてわずか1秒で読み込み完了するようですね。

しかし、細かなロードが頻発するようなので、いくらロードが早くてもレスポンスが若干悪いと感じるという声もありました。

グランツーリスモ7は自動車好きやレース好きなら買うべき神ゲー

と言うわけで、グランツーリスモ7の海外メタスコアや、実際にプレイした人の口コミ・評判を紹介しました。

全ての自動車好きやレースゲーム好きにはたまらない神ゲーだと言えるでしょう。

そして、PS5の性能・機能によって、これまでとは一味違った体験が出来るはずです。

» Amazonでグランツーリスモ7を購入する
» 楽天でグランツーリスモ7を購入する

最後まで読んでいただきありがとうございました!この記事のご意見・ご感想は下記ツイートに返信お願いします(*’ω’*)

要チェック!今注目のPS4・PS5ソフト

PS5本体の購入・予約はこちら

Amazonでは『招待制』を採用しているので、少しでも購入確率を上げるために複数のエディションに招待のリクエストを送るのがオススメです(リクエストするだけならタダ!)。

関連コンテンツ

ポートフォリオ
rssを購読