ゲーム
このページではゲームのレビューや攻略記事などを取り扱っています。
投稿日:2022年12月07日更新日:2022年12月16日

リメイクで何が変わった?クライシスコア FF7 リユニオンを徹底解説【口コミ・評判】

 

いよいよ12月13日にPS5やPS4などのプラットフォームで発売される『クライシス コア -ファイナルファンタジーVII- リユニオン』、皆さんを購入しますか?

FF7リメイク プロジェクトの一環として開発された本作ですが、リマスターの域を超えリメイクに近い仕上がりになるようですね。

今回はクライシスコア FF7 リユニオンがオリジナル版からどう変わったのかを徹底解説し、世間の口コミ・評判などを紹介していきます(‘ω’)ノ

クライシスコア FF7 リユニオンの最大の変更点は次世代向けに一新したグラフィック

クライシスコア FF7 リユニオンの最大の見どころは美しく進化したグラフィックです。

オリジナル版が15年前に発売されたPSPのタイトルという事もあり、全く別のゲームに生まれ変わったと言えるクオリティになっていますね(*’ω’*)

元々はリマスターとして開発が進んでいたようなのですが、FF7リメイクが発売された後では、少しグラフィックを良くしたぐらいではユーザーは満足しないだろうということで、あらゆるグラフィックがリメイクに近いクオリティで作り直されています

ゲームエンジンはFF7リメイクと同様、 Unreal Engine4 を採用しています。

戦闘のエフェクトやメニューのUI周りもFF7リメイクに寄せて作り直されているので、FF7リメイクとの繋がりを感じられて良いと思いました。

ただ、今回はニンテンドースイッチもプラットフォームに含まれていることもあってか、グラフィックの水準はFF7リメイクと同等とまではいっておらず、キャラクターのモーションもオリジナル版の流用となる為、古臭さを感じる場面もありそうです。

FF7リメイクのような自然なキャラクターアニメーションを導入すれば膨大な開発費用が掛かりますし、本作はあくまでスピンオフなので、開発費用を回収できるほどの売り上げは見込めないと判断した結果なのかも知れません(´・ω・)

遊びやすく進化したクライシスコア FF7 リユニオンの戦闘

本作の戦闘システムは基本的な部分はオリジナル版を踏襲しつつ、全体的に今風にアレンジされている感じですね。

映像を見た限りだとFF7リメイクの戦闘とそっくりに見えますが、常に時間が等速で流れる点が異なります。

FF7リメイクではメニュー選択時は時間の流れがゆっくりになりますが、クライシスコア FF7 リユニオンではそのままの速さです。要するに純粋なアクションに近い戦闘になっています。

また、戦闘中はD.M.W(Digital Mind Wave)と呼ばれるリールが自動的に回転し、揃った絵柄によって様々な効果を得られるのも本作の特徴的な要素ですね。

オリジナル版からの戦闘システムの変更点

オリジナル版もアクション要素が強い戦闘システムでしたが、L・Rボタンで「戦う」、「アイテム」、「魔法」といったコマンドをその都度選ぶ必要があったので、アクションゲームとしてはあまりテンポが良くなかったんですよね。

これが本作では以下のような直感的なアクションバトルに進化しています。

  • □ボタン・・・戦う
  • ×ボタン・・・回避
  • 〇ボタン・・・アイテム
  • R1ボタン・・・ガード
  • L1+□ or × or △ or 〇ボタン・・・魔法・アビリティ(ショートカット)
  • L2 or R2・・・アイテム切り替え

ワンアクションであらゆる操作にアクセス出来るようになったので、『戦う → アビリティ → 魔法』といったコンビネーションが可能になり、スタイリッシュな戦闘が出来るように進化ということなんですよね。

フルボイス化とBGMアレンジで豪華に

本作ではオリジナル版では無かった箇所にもセリフを付いてフルボイス化しています。

細かい部分だと思いますが、ボイス無しのテキストだけの会話は古臭さを感じさせる要因だと思うので、こういったアップデートは嬉しいですね(‘ω’)ノ

また、一部のBGMにはアレンジが加えられているとの事です。

「オリジナル版の曲のほうが良かった」という人も出てくるとは思いますが、FF7リメイクをプレイしてBGMのアレンジの重要性を感じたので、個人的にはより良い作品作りには欠かせない要素だと思います。

クライシスコア FF7 リユニオンのストーリーはオリジナルから変更無し。その意外な理由とは…

クライシスコア FF7 リユニオンはFF7本編の過去を描いたスピンオフ作品です。

FF7本編でも登場したクラウドの親友であり、エアリスの想い人でもあるザックスが本作の主人公となります。

FF7リメイクからプレイし始めた人は、本作のエンディングには驚かされるはずです。「FF7リメイクで見た映像だけど・・・、えっ!?」という感じで。

ネタバレになるのでストーリーは割愛しますが、野村哲也によるとストーリーの内容はオリジナル版FF7、そしてFF7リメイクとも整合性の取れているので”変更する必要が無い”との事です。

これについては意外でした。

なぜなら、FF7リメイク、そしてFF7リメイク インターグレードのラストシーンでは、明らかにオリジナル版とは異なるストーリーが展開されることが暗示されていたからです。

オリジナルとリメイク、両方のFF7と整合性が取れているという事は、リメイク版はオリジナル版とは異なる世界線、つまりパラレルワールド説が濃厚になってきましたね(セリフの節々にそういう匂わせはありましたが)。

最終的にどうやって物語が収束していくのか気になるところです(*’ω’*)

クライシスコア FF7 リユニオンの海外メタスコア

続いてクライシスコア FF7 リユニオンの海外評価を見ていきましょう。

数々の海外レビューを総括するMetacriticによるメタスコアは78点とまずまずの点数といった感じですね。良作の部類に入ると思います。

ユーザースコアも7.3点と及第点となっています。

  • リマスターの手本とも言える内容
  • 色褪せないストーリー
  • 進化した戦闘システム

といった評価がある一方で、

  • FF7リメイク第2弾、第3弾のお茶を濁しているだけだ

という辛辣なレビューも少数ありました。

クライシスコア FF7 リユニオンの口コミ・評判

実際にクライシスコア FF7 リユニオンをプレイした人の感想を紹介します。

戦闘が楽しい

グラフィックの進化がスゴイ

ストーリーに感動

先行プレイした人達の感想

先行プレイ動画

クライシスコア FF7 リユニオンは購入すべき?どんな人にオススメ?

というわけで、クライシスコア FF7 リユニオンのオリジナル版からの変更点の解説、世間の口コミ・評判を紹介しました。

最後に、クライシスコア FF7 リユニオンは購入すべきか?どんな人にオススメか?をお話しします。

購入すべきではない人

まず本作を購入すべきでない人、オススメ出来ない人から話します。

それはズバリ、『オリジナル版をプレイ済みでストーリー目的で購入を検討している』という人です。

なぜなら、本作のストーリーはオリジナル版から変更が無いからです。

なので、新たな展開を期待して購入するのは止めたほうが良いでしょう。

購入すべき人

購入すべき人、オススメ出来る人は上記以外の人ですね。

  • グラフィックや戦闘システムの進化に価値を感じる人
  • オリジナル版を未プレイの人

これらの人は遊ぶ価値ありです。

特に、FF7リメイク第2弾、第3弾とプレイする予定がある人は絶対遊んだ方が良いでしょう。

なぜなら、FF7リメイク、そしてFF7リメイク インターグレードのエンディングで、オリジナル版FF7以上にザックスがストーリーに深く関わってくることは間違いないと分かっているからです。

・・・

FF7リメイク第2弾『FF7 Rebirth』の発売はおそらく1年後になるはずなので、それまでの間クライシスコア FF7 リユニオンをじっくり遊び時を待ちましょう(‘ω’)ノ

» Amazonでクライシス コア -ファイナルファンタジーVII- リユニオンを購入する
» 楽天でクライシス コア -ファイナルファンタジーVII- リユニオンを購入する

もし、FF7リメイクを未プレイの方は先にこちらをプレイしましょう。レビュー記事も投稿しているので良ければ購入の参考にしてみてください。

【評価・レビュー】神ゲー?クソゲー?FF7 REMAKEをプレイして分かった良い部分・悪い部分まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました!この記事のご意見・ご感想は下記ツイートに返信お願いします(*’ω’*)

要チェック!今注目のPS4・PS5ソフト

PS5本体の購入・予約はこちら

Amazonでは『招待制』を採用しているので、少しでも購入確率を上げるために複数のエディションに招待のリクエストを送るのがオススメです(リクエストするだけならタダ!)。

関連コンテンツ

ポートフォリオ
rssを購読