ゲーム
このページではゲームのレビューや攻略記事などを取り扱っています。
更新日:2019年05月11日

FF7 REMAKE新情報がいよいよ公開!期待の反面、不安が大きすぎる件

 

FFシリーズのファンにとって最も期待されている作品とも言える『FF7 REMAKE(FF7リメイク)』の新PVが公開されました。そして、6月に更なる新情報が解禁されるとのことです。

今回はそれに先駆けて、新PVから分かったことや、以前から公開されている情報などをまとめていきます。

FF7 REMAKEの新PVから判明したこと

FF7 REMAKEの新PVを見て判明したことは以下の通りです。あくまで可能性であり、今後変更されることも十分あり得るのでそこはご了承くださいm(__)m

戦闘はアクション寄り、ボタンに攻撃方法を割り当てられる

戦闘システムは各ボタンに通常攻撃、特技などを割り当てることが出来るようですね。

また、動画の00:42~あたりを見ると分かりますが、□ボタンを連打しているのが確認出来るので、アクション要素が結構強いと推測できますね。おそらく、FF15の戦闘システムに近いのではないでしょうか(個人的にはそれよりもシンプルな操作性になると予想)。

ボタン割り当てきれない物に関しては、〇ボタンのコマンドメニューから選択するものと思われます。

操作キャラクターの切り替えが可能

こちらの戦闘画面では左下のメニュー部分に【L2 Tifa】、【R2 Barret】の表記があることから、L2ボタン、R2ボタンで操作キャラクターの切り替えが出来ると考えられます。画面右下のHP表示の部分では現在操作中のクラウドが強調されていますね。

ショートカットを設定して柔軟な行動が可能

先程の画像の操作キャラクター切り替えの下に【L1 Shortcuts】という表記があります。

おそらくこれは各ボタンに割り当てきれないコマンドを拡張するためのショートカットと思われます。L1ボタンを押すとその下の□ボタンや〇ボタンの内容が切り替わるのでしょう。画像だと△ボタンと×ボタンには何も割り当てていない状態が確認出来ます。

マテリアの付け替えが出来る

FF7と言えばマテリアと呼ばれる結晶。これを武器・防具にはめ込むことで、キャラクターをカスタマイズできます。マテリアは成長させることができ、成長に応じて新たなスキルや魔法を習得できます。

これと同じ効果があるのかは不明ですが、マテリアの付け替えは出来るものと思われます。

その根拠としてはクラウドの使う大剣。新PVの戦闘シーンではマテリアが無いケースと、2つ埋め込まれたケースがありました。おそらくプレイヤーが埋め込んだマテリアが外見に反映されるのでしょう。

マテリアシステムはFF7では評判が高かったので、リメイク版でも基本的な概念は踏襲して採用してもらいたいですね。

FF7 REMAKEの発売時期など、以前から判明していること

皆さんが知りたいであろうFF7 REMAKEの発売時期ですが、過去に何度か公表されているのでまとめました。

  • 2017年の発表では「今後3年以内の発売を目指しています(参考)」と発言
  • 2018年のFF30周年イベントでは「35周年には間に合わせたい(参考)」と発言、2023年が35周年
  • 2018年11月に「現在はキングダムハーツ3の開発に集中している。終わったらFF7Remakeに取り掛かりたい(参考)」と発言

というように、2017年時点では2020年の発売を目標に開発を進めていたようですが、2018年の発表では当初の目標の3年後の2023年が目標になりました…。

昨年末にはキングダムハーツ3の開発に専念していたため、FF7 REMAKEの開発はあまり進んでいないことが発覚します(;^ω^)

そして2019年5月、公式サイトが更新され分作(いくつかのエピソードに分けて発売)であることが確定します(一応最初の発表があった2015年から分作であることは言われていました)。

発売スケジュールの予想ですが、私の予想では第1部が2021年、それ以降が1年刻みで発売といった感じで、全3部で2023年に完結となると思います。実はもっと遅いペースとも思いましたが、それ以降の発売だとPS5発売後ですからPS4の価値が薄れてしまいますからね…。

個人的には発売が遅くなってもいいので、分作にせず1本の作品として発売してもらいたいですね。

FF15の悪夢が再来しないことを祈るばかり…

FF7 REMAKEは非常に期待値が高いタイトルではありますが、同時に不安も大きいんですよね。

一番の不安は『分作』であることです。

スクエニはFF15の開発費高騰でDLCの開発を中止していますからね。追加要素としてのDLCならまだしも、本編の説明不足を補うためのDLCだったので、ある意味FF7 REMAKEと同じ分作だったとも言えるわけです。

要するに、第1部の売り上げがイマイチ伸びなければ第2部、第3部は開発中止になる可能性は十分あり得る話なんですよね…。

あとはFF7のファンに新しい戦闘システムが受け入れられるかですね。「期待していたFF7と違った」なんてことになる可能性もありますからね。

FF15に続いてFF7 REMAKEでもこければ30年続いたFFブランドは本当に終わりだと思うので、全力で最高の作品を生み出してくれることを期待したいと思います(*‘ω‘ *)

要チェック!今注目のPS4ソフト

関連コンテンツ

ポートフォリオ
rssを購読