ゲーム
このページではゲームのレビューや攻略記事などを取り扱っています。
更新日:2021年09月23日

デス・ストランディング ディレクターズカットは誰にオススメ?新要素などを解説します

 

9月24日にPS5向けに『デス・ストランディング ディレクターズカット』が発売されます。

デス・ストランディングと言えば、発売当初はそのゲーム性がゆえに賛否両論だったのですが、発売から時間が経つにつれ評価が高まり、2019年のゲームオブザイヤーにノミネートし数々の受賞をした名作です。

そして、”完全版”とも言えるのが今回発売される『デス・ストランディング ディレクターズカット』です。

というわけで、今回はこちらのタイトルについて解説していきます。

そもそもデス・ストランディングってどんなゲーム?

デス・ストランディングは『メタルギア』シリーズの生みの親、小島秀夫監督がコナミを退職して独立後初めて手掛けた作品であり、海外ドラマ『ウォーキング・デッド』のダリル役等を演じる人気俳優ノーマン・リーダスが主役を演じています(ノーマンは過去にも『P.T.』と呼ばれる小島作品に出演していて、千葉県に在住していたこともあります)。

異常現象により分断されたアメリカを再び繋ぐ物語

ストーリーは『デス・ストランディング』と呼ばれる現象によって分断されたアメリカを、主人公サム・ポーター・ブリッジズがアメリカ各地を巡りアメリカを再建するというものです。かなり重厚で中盤以降はかなり惹き込まれますし、どのキャラクターも魅力的でストーリーを盛り上げてくれます。ラストは感動で心震えること間違いないと思います( ;∀;)

ゲーム性は『自らの足を使って世界を繋ぐ』という内容です。

『デス・ストランディング』という命にかかわる現象のせいで一般人は外出出来ないので、耐性のあるサムが必要な物資を代わりに運ぶというわけです。いわゆる、『配達ゲー』あるいは『佐川急便シミュレーター』ですね(笑)

佐川急便シミュレーターであり、登山シミュレーターでもある

ゲームが進めば色々な移動手段が出てくるものの、ゲーム序盤は徒歩で山を越えたりしないといけないんですよね。しかも、自分の体重以上の重さの荷物を運びながらなので、バランスを取ったり、路面状況を気を付けながら移動する必要があるわけです。そういうゲーム性なので、別の視点で言えば『登山シミュレーター』とも言えます(‘ω’)

冒頭で『賛否両論』と言いましたが、この部分がまさに賛否が分かれる部分で人によっては『徒歩移動がしんどい』と感じてしまうようです(私は、むしろ徒歩移動がリアルで最も楽しいと感じた部分でした)。

国道建設で配達効率を高めるのが熱い

ゲーム中盤になると様々な乗り物や移動手段が登場し、さらには『国道』を建設して移動をより快適にすることも出来ます。こうやって効率的な配達が出来るようになるとミッションクリア時の評価が向上するので、やり込み要素としても繋がってくるんですよね。ちなみに、『国道』建設はゲームクリア後も楽しめるボリュームのあるコンテンツです。

本編の詳しいレビューを以下の記事にまとめていますので、良ければこちらも参考にしてみてくださいね(‘ω’)ノ

【評価・レビュー】神ゲー?クソゲー?デス・ストランディングの良い部分、悪い部分まとめ

デス・ストランディング ディレクターズカットの新要素

それではデス・ストランディング ディレクターズカットで新しく追加される数々の要素を紹介します。

PS5で新たに追加された新コンテンツ

デス・ストランディング ディレクターズカットで追加された新コンテンツは以下の通りです。

  • 新しいストーリーミッション、ロケーション
  • レースモードの実装(ネットランキング対応)
  • 新しい武器(メーザー銃、固定機関銃)
  • 新しい建設物
  • 新しい乗り物
  • 新しい配送方法(マニューバーユニット、荷物カタパルト、自動追従ロボ)
  • 新しい楽曲
  • 訓練場(ネットランキング対応)
  • ボスバトルモード(ネットランキング対応)
  • ジャンプ台を使った谷越え&アクロバティックなアクション

まず、個人的に嬉しいのがストーリーミッションの追加ですね。やはり、デス・ストランディングと言えば重厚なストーリーだと思うので、それを補完するストーリーが追加されるのは純粋に嬉しいです。また、新ストーリーと合わせて新たなロケーションも追加されるみたいなので楽しみです。

次に注目なのがレースモードの実装でしょうか。サーキット形式のコースが複数搭載されるようで、それらのコースでオンラインでタイムを競う事が出来るのはレースゲーム好きの私としては熱いですね(‘ω’)ノ

訓練場のミッションも楽しそうですね。メタルギアソリッドのVRミッションのようにお題を与えられ攻略していく感じなんでしょうかね? ミッションはストーリー進行に応じてアンロックされていくようです。

あとは、配送方法のバリエーションが増えて、マニューバーユニットで空を飛べるようになったり(厳密にはゆっくりと落下)、自動追従ロボに荷物を運ばせたり自分自身が乗ったりするというような、ゲーム性の土台部分を充実させるアップグレードが施されるのは嬉しいですね(*’ω’*)

追加される新要素は下記の動画でも紹介されているので、良ければ参考にしてみてくださいね。

PS5の特性・性能を活かした新要素

コンテンツとは別に、PS5の特性・性能を活かした新要素も追加されます。

  • 4K60FPSの高画質で滑らかなグラフィック
  • 3Dオーディオ技術により臨場感のある環境音を実現
  • デュアルセンスにより雨・雪・風などの環境変化や、キャラクターの挙動をリアルに感じることが可能
  • 高速SSDによるロード時間の圧倒的短縮

デス・ストランディングと言えばPS4版でも息を呑むぐらい美しいグラフィックでしたが、PS5版になって大幅に強化されたのはやはり単純に嬉しいですね。デス・ストランディングは景色を眺める時間がプレイ時間の大部分を占めるので、グラフィック強化の恩恵はかなり大きいと思います。

また、PS4版でも『歩く』という行為が非常にリアルな作品でしたが、デュアルセンスにより雨、雪、風などの環境変化や、荷物を落としたり拾った時の挙動がよりリアルになるのは、ゲーム体験の質を大きく引き上げると思います。

さらに、3Dオーディオ技術により360度から音が伝わることで、デス・ストランディングの世界に入り込んだような錯覚を覚えるかもしれませんね(*’ω’*)

デス・ストランディング ディレクターズカットはPS5専用タイトル。正直、PS4版が発売されないのは残念…

改めて言うと、今回発売される『デス・ストランディング ディレクターズカット』は、オリジナル版に数々の新要素を追加して、グラフィックやサウンドそして操作感を向上させた『完全版』となっています。

本作はPS5専用タイトルとなっていて、PS4や他機種へのリリースは今のところを予定はされてはいないようです。

PS5の性能を活かした要素は仕方ないと思いますが、追加ストーリーミッションや新モードすらPS4版には実装されないのは残念なところです。まだまだPS5本体が欲しくても買えない人も多いですからね…。

また、発売時期についても少々遅いと思いました。オリジナル版発売からもうすぐ2年が経つわけなので、熱が冷めてしまっている人も多いと思います。「せめて、PS5本体の発売時期に近いタイミングでリリースされて欲しかった」というのが本音です(;^ω^)

デス・ストランディング ディレクターズカットはどんな人にオススメ?

最後に、「デス・ストランディング ディレクターズカットはどんな人にオススメか?」をまとめます。

  • PS4版を遊び尽くしていて、「まだまだデス・ストランディングを遊びたい」と考えているPS5ユーザー(1,100円でアップグレード可能)
  • デス・ストランディングは未プレイだけど完全版の発売を待っていた人
  • 重厚なストーリーを求めていたり、コツコツと積み上げるゲームプレイが好きな人
  • 小島秀夫監督の作品が好きな人、メタルギアシリーズが好きな人(本作にはメタルギアのエッセンスが詰め込まれている)
  • ノーマン・リーダスが好きな人で、「彼の作品は全て見ている」という人

発売時期が遅かったり、PS4版が発売されなかったりと少々残念なところがありますが、PS4版デス・ストランディングを持っている人なら、わずか1,100円でアップグレード可能なので、デス・ストランディングにハマった人にはオススメだと言えるでしょう。

また、ストーリー面や演出面は数多くのゲームを圧倒する内容なので、ストーリー性重視の作品を楽しみたい人にもオススメですね。

そして、基本的なゲーム性がコツコツとミッションをこなしたり、地道に国道を建設していくという内容なので、じっくりやり込みたい人にもオススメ出来る作品だと思います。

万人受けするかというと微妙なところですが、個人的に色んな意味で印象に残った作品なので、是非遊んでもらいたいですね(‘ω’)ノ

» Amazonでデス・ストランディング ディレクターズカットを購入する
» 楽天でデス・ストランディング ディレクターズカットを購入する

最後まで読んでいただきありがとうございました!この記事のご意見・ご感想は下記ツイートに返信お願いします(*’ω’*)

要チェック!今注目のPS4・PS5ソフト

関連コンテンツ

ポートフォリオ
rssを購読