姉妹サイト:affiliate.ks-product
雑記
このページではゲーム・商品などのレビューやニュースの感想をご紹介!
2016年01月20日

ダークソウル3で無念のシリーズ完結。これだけ完成度の高いゲームの血を絶やしてはいけないと思う

 

darksoul3-end

昨年の11月に人気ゲーム「ダークソウル」シリーズのディレクターであり、フロムソフトウェア社長でもある宮崎氏が「ダークソウル3でシリーズ完結を検討している」と発言し、さらに「今後は新しいゲームを作る事になる」とファンにとってはかなり寂しい発言をしました。

確かに、ソウルシリーズ経験者にも「マンネリだからしょうがない」という声が少なくありません。

けど、私はこれをマンネリだとは思いません。

完成されたゲームにマンネリという言葉は無い

ダークソウル、デモンズソウル、ブラッドボーン。

これら3作品のゲーム性はほぼ同じです。世界感やグラフィック、装備、キャラクターなどが違うだけで、ベースのシステムにはほとんど違いが無いんですよね。

ソウルシリーズが退屈で面白くない作品なら、これは「マンネリ」と言えるでしょう。

しかし、ソウルシリーズは改良する必要が無いくらいに完成されたゲームなんですよね。この場合はマンネリではなく伝統なんです。

例えば、ドラゴンクエストシリーズは1986年に発売された第一作目で基本システムは完成していて、以降の作品では踏襲されています。これについて、「マンネリだ」という声はまず聞きません。むしろ、オンライン化された9、10では不満の声の方が多いくらいです。その為、今後発売される11はオフラインになると言われています。

またゲームに限らず様々な文化も同じです。例えば、流行語はすぐマンネリ化して翌年には廃れますが、着物や和建築は「伝統」として語り継がれますよね。

このように良い物は伝統として語り継がれているわけです。

つまり、

ファンがソウルシリーズを支持し続ける限りは、シリーズ終わらせる必要は無いと思うんですよね。

もちろん、「ソウルシリーズはもう飽きた」というファンもいると思いますが、私は今後も10年、20年と続いていって欲しいシリーズだと思います。

何故ソウルシリーズはこれほどまでに面白いのか?

私がこれほどまでにソウルシリーズを好きな理由。

それは、シンプルでありながら奥深く、攻略には思考する必要性がある絶妙な難易度だからです。

だから、プレイするたびに刺激があり、飽きが来ないんですよね。

最近のゲームは、一度もゲームオーバーにならずにクリアできてしまう易しいゲームがとても多いですが、思考せずにクリア出来てしまう為、遊び応えが無く飽きるのが早いんですよね。

逆にレトロゲームはとてもシンプルで誰でも簡単に操作出来ますが、難易度は絶妙で思考しないとすぐにゲームオーバーになってしまいます。つまり、ストレスが溜まる複雑な操作を覚えること無く、純粋にゲームを攻略することだけを追求することが可能なんです。

ソウルシリーズはレトロゲーに通じるゲーム本来の良さがあり、ゲームオーバーすら楽しめる傑作なんです。

結果(ゲームオーバーになるかどうか)が分からないからゲームは楽しいんです。そう思いませんか?

Dark Souls III – Official Gameplay – PSX 2015

なお、シリーズ完結作となる「ダークソウル3」の発売日は3月24日の予定です(次世代機オンリーの発売でPS3では遊べませんので注意)。数量限定特典「特製マップ&オリジナルサウンドトラック」が付くのでファンの方は予約をお早めに!予約は以下のリンクからどうぞ。

PS4で遊べる過去のソウルシリーズは以下から購入できます。ダークソウル2もブラッドボーンも有料DLCがセットになったお買い得版なので今が買い時ですよ。

#1【PS4/高画質】ブラッドボーン(Bloodborne)を穏やかに実況プレイ【ボス:聖職者の獣撃破】

なお、以下のランキング記事にもあるとおり、ブラッドボーンは私がPS4タイトルの中で最もオススメするゲーム(記事執筆時点)なので是非遊んでみてくださいね。

オススメはこれ!部門別PS4ゲームソフトランキング [レビュー・評価付き]

ポートフォリオ
rssを購読
こちらの記事もいかがですか?