姉妹サイト:affiliate.ks-product
雑記
このページではゲーム・商品などのレビューやニュースの感想をご紹介!
2016年01月22日

気遣いしてるのに無神経だと言われてしまう人の特徴

 

あなたは、自分では気遣いしているつもりなのに、周りからは「あなたはなぜ気遣い出来ないの?なぜ無神経なの?」と言われてしまっていませんか?

私自身がそういう傾向にあったんですよね(今もいくらか引きずっていると思います)。だから、そういう人の葛藤はよく分かります。

2年ほど前に「人の意見に否定から入る人の心境とは?」という記事を書いたのですが、この記事の中では、「人の意見を否定してしまう人はけして悪気があるわけでは無い」ということを解説しました。今回の内容もこれに共通するものです。

気遣いしているのに無神経だと思われてしまう理由、
それは…、
”自己流の”気遣いだからです。

「自分は気遣いしてるつもりだから無神経では無い」と相手に言ったところで問題は解決しません。大事なのは「相手がどう感じるか」だからです。

せっかくのあなたの気遣いが、逆に相手を不快にさせていたら、とてもやるせない気持ちですよね。

だから、自己流の気遣いは止めましょう。

正しい気遣いは心理学から学べる

人間は多種多様であり、価値観は人それぞれです。だから、良かれと思ってやったことが裏目に出てしまう事もあります。

しかし、どういった行動が相手に喜ばれるかの”傾向”は決まっているんですよね。

例えば、「聞き上手」は万人に好かれます。

「聞き上手」=「受け身な人」という風に誤解されがちですが、「聞き上手」とは「相手に話をさせるのが得意な人」を指します。

人は基本的に自分の事を語るのが好きです。口下手な人でも自分の得意分野の話題なら夢中になって話してしまうことも珍しくありませんよね。

つまり、聞き上手な人は、相手が喋りたい内容を喋らせるように気遣いが出来る為、万人に好かれるわけです。

こういった感覚や法則を身に付けるには心理学が有効です。

いきなりがっつり心理学を学ぶのはシンドイと思いますが、要点を絞った気軽に読める書籍が色々と発売されているので是非読んでみてください。私が読んだ中でオススメの物をいくつか紹介します。

人間関係を円滑にする初心者向け心理学書籍4選

伝え方が9割

私が最も分かり易く実用的だと思うのが佐々木圭一さんの「伝え方が9割」という書籍。ベストセラーにもなった有名な書籍です。扱っているテーマが狭いので、これ一つでオールOKというわけにはいきませんが、人から「無神経」と言われ悩んでいるあなたには特効薬になるかも知れません。

一瞬でYESを引き出す 心理戦略。

そして、メンタリズムでお馴染みのメンタリストDaigoさんの「一瞬でYESを引き出す 心理戦略」も同様にオススメです。「伝え方が9割」よりもビジネス寄りの内容ですが、メンタリズムの裏側が書かれていたりもするので面白いですよ。

誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール

「無神経」が解消されるかは分かりませんが、会話が苦手な人は「誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール」という書籍がオススメです。先ほど話した「聞き上手」になる為のテクニックが満載です。

番外編:脳科学マーケティング 100の心理技術

shinri100

番外編。心理学を活用してビジネスを円滑に進め、大きな売り上げを上げたい人には「脳科学マーケティング 100の心理技術」がオススメです。

あなたは世の中のあらゆる場面に心理学が利用されていることを知っていますか?

例えば、値段。
300円ではなく、298円にするのは何故でしょうか?

理由は簡単。
そのほうがかなり安く感じるからです。

たった2円の違いですが、体感的にはそれ以上の違いを感じます(あなたが意識的にそう感じなくても、脳は無意識にそう感じているんです)。たった2円の差が購入を決断させる後押しになるんですよね。全国各地ほとんどのお店でこれを実践しているのは、それだけ効果があるからです。

このような商品を効率よく売る為の心理技術が本書には100種類も書かれています。組み合わせれば効果絶大です。あなたが社会人で何らかのビジネスに携わっているならきっと役に立つはずです。

この書籍には90日間の無条件全額返金保証が付いているので、まずはお試しで手にしてみるのも良いかも知れません。

脳科学マーケティング 100の心理技術

※この書籍は自社出版商品なので書店やAmazonでは取り扱っていません。

おわりに

気遣いするなら、人に不快に思われるよりも、好感を持ってもらいたいですよね。その為には、自分は人と感じ方に違いがあることを自覚して、自己流の気遣いを止めることが重要です。

他の誰の為でもありません。あなた自身の為です。

今後の人生をどれだけ円滑に過ごせるかは、あなた自身の決断で変わっていくはずです。

 

ポートフォリオ
rssを購読
こちらの記事もいかがですか?