ゲーム
このページではゲームのレビューや攻略記事などを取り扱っています。
更新日:2021年07月03日

【評価・レビュー】PS5ユーザーは買うべき!ラチェクラ パラレル・トラブルが神ゲーである5つの理由【シリーズ初見プレイ】

 

「PS5本体を購入したけど、どのゲームソフトを買うべきか迷っている…」という人に朗報です。

『ラチェット&クランク パラレル・トラブル(ラチェクラ パラレル・トラブル)』はPS5ユーザーなら間違いなく遊ぶべき神ゲーです。少なくともPS5が発売されてから現在(2021年7月)までに発売されたゲームソフトの中では一番にオススメ出来る作品ですね。

正直な話、私はシリーズ初見ということもあり、そこまで期待はしていなかったのですが良い意味で裏切られましたね。とにかく、どの角度から見てもスゴイと感じる作品というのが率直な感想です。

というわけで、今回はPS5の名作『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』のレビューをしていきます(‘ω’)ノ

シリーズ初見の私がラチェット&クランク パラレル・トラブルをプレイした正直な感想

細かくレビューをしていく前に、まずはシリーズ初見プレイの私が、ラチェクラ パラレル・トラブルをクリアまでプレイして感じた大まかな感想をざっくりと話そうと思います。

率直な感想は、とにかく分かりやすく楽しさが伝わってくる作品だと思いました。

と言うのも、名作と呼ばれる作品でも「数時間は遊ばないと面白さは分からない」とか「こういう遊び方をしないと面白くない」といった、『面白いと感じる条件』を満たさなければ十分に楽しめないケースは珍しく無いんですよね。それに対して本作は『ゲーム開始10分で誰もが面白いと感じる内容』となっていると感じました。そう感じるのは『分かりやすい素直な操作性』や『世界観に引き込まれる迫力の演出』といった要素のおかげでしょう。

キャラクターやストーリーも非常に魅力的で、シリーズ初見で事前知識の無い私でも没頭してプレイ出来ました。その理由はシリーズの新キャラであり新主人公でもある『リベット』に焦点を当てたストーリーだからということもありますね。このリベットが表情豊かで、隻腕という身体的特徴があり、少し影があったりでとても魅力的なんですよね。

また、パラレルワールドが題材なので「この人物は向こうの世界ではどうなっているんだろう?」といった興味が湧いたりして、舞台設定的にもそそられる内容になっていました(*’ω’*)

アクション部分に関しては、斬新さは無いものの非常に遊びやすく作られていて、バリエーション豊かな武器を駆使して敵を殲滅していくのはとにかく爽快でしたね。武器のアップグレードもはっきりと変化が分かるぐらい強くなるので楽しいです。また、ホバーブーツによる高速移動はとても自由度が高く移動自体が楽しく感じました。

クリアまで15時間ほどでしたが、途中でダレることもなく最初から最後まで楽しさが持続するのは、さすがPS4の名作『マーベルスパイダーマン』を開発したインソムニアックゲームズの作品なだけあるなと思いました(‘ω’)ノ

ラチェット&クランク パラレル・トラブルが神ゲーである5つの理由

ここからは、ラチェクラ パラレル・トラブルが神ゲーである理由を項目別に解説していきます。

マリオのような安定感。大人から子供まで誰もが楽しめる内容

まず1つが、マリオシリーズのように大人から子供まで誰もが楽しめる安定した内容であることですね。

操作に変なクセも無く、適度に達成感があり、手軽に爽快感なアクションが楽しめます。とにかく良質なアクションが楽しみたければ購入して損は無いです。

ストーリーは勧善懲悪の王道ストーリーですね。時空を飛び越えて世界を救うことがテーマですが、ほろりと泣ける人間模様も描かれているので子供も大人も楽しめます。

最初から最後まで楽しさがギッチリ詰まっていて、アトラクションのようなワクワク感が持続

退屈な部分が一切無い』というのは作品の理想ですが、なかなか実現が難しいものだと思います。名作と呼ばれる作品でも「このシーンはいらないかな」とか「移動が多くてだるい」みたいな部分があったりしますが、本作にはそういった部分が無いんですよね。

最近のゲームはオープンワールドで色々な要素を盛り込むのが一般的ですが、本作はそれとは真逆でマップは不必要には広げず、要素も余計なものは入れず厳選してゲーム全体の密度と品質が高まるように調整されているんですよね。このあたりのバランス感覚が素晴らしいと思いました。

とにかく最初から最後まで楽しさがギッシリ。演出もド派手なので常にアトラクション感覚で楽しめます。

まるでアナ雪!?表情豊かなキャラクターが繰り広げる壮大なストーリー

本作はアクション部分以上に演出面が優れていると思いました。

まるでディズニーやピクサーのようなCGアニメーション映画のようなクオリティでイベントが展開します。

特に新主人公のリベットがアナ雪のエルサのように感じました。ゲームのキャラクターがここまで表情豊かな作品は他に見たことが無いです。

そして、表情豊かだからこそ、ストーリーに引き込まれるんですよね。正直、プレイ前は子供向けの作品だと思っていたんですが不覚にも涙腺が緩みました( ;∀;)

PS5の性能を引き出した圧倒的なグラフィックと演出

ラチェクラ パラレル・トラブルのグラフィックはPS5だけではなく、PCタイトル含めても頂点に立つレベルだと思います。映像の美しさだけでなく、表示されているオブジェクトの密度も凄いので画面が賑やかで楽しいんですよね。

ちなみに、グラフィック設定には、

  • グラフィック
  • パフォーマンス
  • パフォーマンスRT

の3種類がありますが、60fpsでレイトレーシングが適用される『パフォーマンスRT』がオススメです。解像度は他よりも若干落ちますが、43型のモニターを1メートル以上離れて見た限りでは気にならないレベルですね。静止画ではまた変わってくると思いますが、動きの激しいゲームなので解像度が気になる場面はほとんどないと思います。レイトレーシングが効果的に使われている作品なので是非体験してほしいですね。

そして、超高速SSDを生かした映像表現も必見です。これまでのゲームでは別のワールドに移動する時はローディング画面を挟む必要がありましたが、本作ではワールド間をシームレスに移動することが可能です。『パラレルワールドを行き来する』という世界観に上手くリンクしているのもよく考えられていると感じました(*’ω’*)

爽快感抜群のアクションと実感しやすい成長要素

アクションゲームとしての基本的な部分が良く出来ているのも良かったですね。グラフィックを重要視するあまりアクション部分がおざなりになってしまっている作品も多いですからね。

まず、シューター部分は武器ごとに特徴がはっきり出ていて、アダプティブトリガーを生かした操作性になっているのが面白かったです。例えば、標準武器のブラストピストルでは、軽くトリガーを引くと銃を構え、カチッとロックするまで引くと精密射撃、さらに深くまで引くと3点バースト射撃が可能といった具合です。一つのトリガーが三段階の振る舞いをするのが新しい感覚でした。

単にPS5コントローラーの特性を盛り込んでいるのではなく、実際に銃の引き金を引いているかの感覚があるので、それがリアリティや爽快感に繋がっているんですよね。

本作には成長要素もあって、武器のレベルや強化、アーマーなどの装備品があります。特に武器の強化は強くなっている事をハッキリと実感できるぐらい分かりやすく強化されていくので、どんどん強化していきたい欲が沸いてきますね。標準武器のブラストピストルなんかは最終的にはマシンガンみたいな連射速度になりますからね(*’ω’*)

また、アクション面で気に入っているのがホバーブーツによる高速移動。ホバーブーツは必ずしも攻略に必要という箇所は少ないのですが、積極的に使っていく事で独自のルートを開拓することも出来るんですよね。サクサクと攻略することが出来るようになるので、これがまた爽快なんですよね(‘ω’)ノ

ラチェット&クランク パラレル・トラブルの悪い部分

神ゲーなラチェクラ パラレル・トラブルですが悪い部分もいくつかあります。さっそく見ていきましょう。

3Dゲームにありがちな壁にめり込むバグに遭遇

3Dゲームではよく見かける『壁にめり込んでしまう』バグに遭遇する頻度が少し多めに感じました。

というのも、本作は移動方法が多彩なので、普通のプレイではわざわざ行かないところも行けたりするので、そういった時にバグに遭遇しやすいんですよね。

また、壁にめり込むのはプレイヤーだけでなく敵もです。敵を全滅させないとイベントが進行しない時に、敵が壁にめり込んでしまって倒せないという事が二回ほどありました( ;∀;)

しかし、このバグに遭遇しても『チェックポイントからやり直す』ことが出来るので、そこは不幸中の幸いといった感じですね。オートセーブの大事さが分かります。

『アーマー』の仕様に気付くのに時間がかかった

本作には収集要素として『アーマー』というものがあるのですが、これの仕様に気付くのに時間がかかりました。

アーマーには能力強化の効果があり、頭・胴体・足の3箇所に装備できるのですが、実は装備しなくても効果を発揮します。着せ替えをしたい場合は装備する必要がありますが、能力強化の恩恵は持っているだけで得られるんですよね。

この仕様に気付く前は「どのアーマーも一長一短だなぁ…」と思ってあまり収集する気にならなかったのですが、集めれば集めるほど強くなることを知ってからは必死に集めるようになりました(;^ω^)

ゲームシステムに斬新さはないかも

良くも悪くも本作はオーソドックスなアクション・TPSといった感じです。

なので、「今までにない斬新なゲームが遊びたい!」という欲は満たせないかも知れません。グラフィック、演出、ストーリー、キャラクターに興味が無い人にとっては『ありきたりな作品』に感じてしまう可能性がありますね。

じっくりやり込み派の人には物足りないかも

「1つのゲームで何十時間も楽しみたい」というやり込み派の人には物足りない可能性がありますね。

1周目クリアで15時間程度で、2周目以降限定の要素もありますが、おそらく30時間ぐらいあればコンプリート可能なボリューム感です。

個人的にはかさ増しして尺を伸ばすよりはコンパクトにまとめてある方が好みですが、この辺りの好みは人それぞれでしょうか。

ラチェット&クランク パラレル・トラブルの得点

95 / 100

※この得点はどのくらいオススメなのかを表すものです。グラフィックやサウンドがイマイチでもそれを上回る魅力があれば高得点になります。

項目別評価

グラフィックス ☆☆☆☆☆
歴代ゲームの中でも最上位レベル。とにかく圧巻の一言
サウンド ☆☆☆☆☆
壮大なBGM、魅力的なキャラクターボイスなど、世界観に引き込むには十分な内容
熱中度 ☆☆☆☆☆
楽しさが常に続くので止め時が見つからない
ボリューム ☆☆☆☆★
クリアまで15時間、クリア後要素はほどほどといった感じで、他作品よりは少なめかも知れない
遊びやすさ ☆☆☆☆☆
アクションゲームのお手本といった遊びやすさ。ロード時間が皆無なのもストレスフリー

ラチェット&クランク パラレル・トラブルはPS5ユーザーが最初に買うべき誰もが楽しめる作品だ!

というわけで、PS5独占タイトル『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』のレビューでした。

PS5を持っているなら絶対遊んでもらいたい名作です。どんな層でも遊びやすい作品なのでハズレを引く心配も無いと思います(難易度設定次第ではコアゲーマーでも楽しめます)。

また、シリーズ物という事で購入を躊躇している人も多いかと思いますが、過去作をプレイしてなくても問題なく楽しめるので安心してください。

おそらくですが、今年のGOTY(ゲームオブザイヤー)受賞もあり得るクオリティだと感じました。アダプティブトリガーや高速SSDを生かしたゲーム性や演出は今後のゲーム業界に影響を与える可能性は十分あると思います。

とても素晴らしい作品なので気になった人は是非遊んでみてくださいね。もっと売れて欲しい!(‘ω’)ノ

» Amazonでラチェット&クランク パラレル・トラブルを購入する
» 楽天でラチェット&クランク パラレル・トラブルを購入する

最後まで読んでいただきありがとうございました!この記事のご意見・ご感想は下記ツイートに返信お願いします(*’ω’*)

要チェック!今注目のPS4・PS5ソフト

関連コンテンツ

ポートフォリオ
rssを購読