姉妹サイト:affiliate.ks-product
雑記
このページではゲーム・商品などのレビューやニュースの感想をご紹介!
2016年09月16日

【PS4】ペルソナ5序盤をプレイした感想。安定の面白さを実感!

 

15日に発売されたペルソナシリーズの最新作「ペルソナ5」のPS4版を早速プレイしたので、まずは序盤4時間程度までの感想を先行して書こうと思います。

【追記】
クリア後のレビューも書きました。より詳細なレビューを読みたい方は以下の記事をご覧ください!

【PS4版ペルソナ5レビュー】クリアまで100時間!超大作の見所と欠点を詳細に評価!

プレイヤーを引き付ける「現実感のある」魅力的なストーリーは健在!

ペルソナシリーズと言えばシリーズ一貫して現実感のある設定なんですよね。ストーリー、舞台、時代などが現実とシンクロしています。

ペルソナ5は現在の「渋谷」を中心に「新宿」「原宿」「神田」「荻窪」といった実在する都市が舞台になっています。ただ一部は現実の名称をもじった架空の都市です。例えば、主人公が住む三軒茶屋は四軒茶屋、通学先の高校の最寄り駅は青山一丁目駅は蒼山一丁目駅といった具合です(これはこれで楽しい)。現実世界がモチーフになっていると親近感を感じてゲームの世界に入り込みやすいんですよね。「ゲームなのに現実的」な感覚がペルソナ5の魅力の一つですね。

さらに、これもシリーズ恒例で「学生生活」が一つのテーマになっています。誰もが学生生活を一度は経験しているわけなので、これも世界に没頭できる要因の一つになっています。

そして、ストーリーですが、学園を舞台に様々な事件が起きます。絵柄こそポップな印象ですが扱うテーマは結構重く大人向けです。例えば、最初に起きる事件は体育教師による体罰やセクハラです。周囲(教師、親、生徒)はその悪事を知りながら黙認しているんですが、その悪事によって自殺に追い込まれた友人に対しての償いをさせる為にアレコレ奮闘するわけです。

また、各キャラクターが「覚醒」する展開がとにかく熱いですね。ストーリーの展開上、各キャラクターは窮地に追い込まれるんですが、絶体絶命の状態でもう終わりかと思った瞬間、自分自身の内面との葛藤が始まり、それを乗り越えることで「覚醒」しペルソナを召喚出来るようになるんです(ほんと、心震えます 笑)。このような熱い展開は前作ペルソナ4にもあって、今作でも継承した感じですね。

王道RPGのように「冒険」するのではなく、あくまでも現実感のある世界で「事件を解決」するというコンセプトなのが心地良いんですよね。「事件の解決」と言っても警察がやるような捜査ではなく、精神世界に入り込んで人間の本質を暴く感じです。人間のドロドロと歪んだ裏の部分を上手に描いているのでSFやファンタジーにありがちな「おいてきぼり」になる事はありません。

ペルソナ5はストーリー展開を重視した日本独自のRPGを楽しみたいという人には間違いなくオススメですよ。シリーズ間の繋がりはほぼ無いので、シリーズ未プレイの初心者にもオススメです。

ゲームシステムのベースは前作ペルソナ4を踏襲していて安定の面白さ!

ゲームシステムは前作とほぼ同じと言っても良いでしょう。
悪く言ってしまえば「代わり映えしない」ですが、良く言えば「完成されたシステム」です。

個人には「完成したシステム」を使い回すのはありだと思います。なぜなら、スポーツや世の中の仕組みだって完成された仕組みは長く使い回されているからです。「変える必要性が無い」から変えないだけなんですよね。

シリーズ未プレイの方の為にざっくりシステムを説明します。

ペルソナ5は主に「イベント」「探索」「戦闘」の3パートに分かれていて、イベントパートでは学校や街中を歩き回りキャラクターとの交流を深め、探索パートでは「パレス」と呼ばれるダンジョンを探索しアイテム収集・キャラクター育成をし、戦闘パートでは敵と戦ったり会話したりすることが可能です。

「学生生活」がテーマなので、現実の日本にある1年を通してのイベントがペルソナ5にも存在するんですが、今作はまだ序盤しかプレイしていないので感想は差し控えますが、前作ペルソナ4では大変楽しめましたね。数々のイベントのおかげでキャラクターのバックグラウンドを知ることが出来て感情移入がしやすくなるんです。

また戦闘はペルソナ3、4では廃止されていた敵との会話(交渉)システムが復活しました。会話をすることで敵に「個性」が生まれますし、場合によってはアイテムが入手出来たり、さらには「仲間」にすることも可能なんですよね。この戦闘のシステムはほんと良く出来ていて、これぞ「メガテン」の醍醐味だと思いました。

ちなみにゲームの難易度は自由に変更できるので初心者から上級者まで幅広く楽しめます。

なお、前作ペルソナ4はPS2とPSVITAで遊ぶことが出来ます。今からプレイするならPSVITA版ですね。グラフィックも綺麗ですし追加要素も色々あるのでオススメです。

おわりに

まだまだ序盤中の序盤なので今後の感想は変わる可能性がありますが、現段階では間違いなくオススメです。

日本人がイメージするRPGと言えばコレといった感じのゲーム性なので、そういうのが好きな人はぜひ遊んでみてくださいね。

 

ポートフォリオ
rssを購読
こちらの記事もいかがですか?