姉妹サイト:affiliate.ks-product
雑記
このページではゲーム・商品などのレビューやニュースの感想をご紹介!
2015年07月13日

『はじめしゃちょー』を参考に!凡人がユーチューバーとして成功する為のたった1つの方法

 

ユーチューバーで成功している人といえば『ヒカキン』、『はじめしゃちょー』、『バイリンガール・チカ』、『マックスむらい』といった方々が思い浮かぶかと思います。我々一般人からしたら遠い存在です。

ちなみに私が今はまってるユーチューバーは『木下ゆうか』です。ヒカキンと同じUUUM所属の大食いユーチューバーです。博多弁とちょっと(だいぶ?)気の抜けたキャラがツボです。どことなく菅野美穂に似ている30歳(には見えない)です。

【大食い】ベーコン目玉焼き丼 3.5㎏【木下ゆうか】Japanese Girl eats 7lbs of Bacon and Fried eggs over Rice

なんという飯テロ動画!日常的にこれだけ食べているわけですから常人には真似できませんよね(^_^;)

他にも『ヒカキン』、『バイリンガール・チカ』、『マックスむらい』も特別なスキルがあったり、社会人として優れた経歴があったりして、普通の人だとなかなか辿り着けない領域の人達なんですよね。ユーチューバーとして成功すべくして成功している感じです。

おっと、記事の趣旨を忘れるところでした。今回は『ユーチューバーとして成功する為のたった一つの方法』でしたね。解説していきましょう。

凡人でもユーチューバーとして成功するには『はじめしゃちょー』を見習え

先ほど『はじめしゃちょー』の名前をあえて入れませんでした。というのも『はじめしゃちょー』には『ヒカキン』のように日本屈指ボイパテクニックがあるわけでもありませんし、『バイリンガール・チカ』のような新しい切り口の英会話講座できるわけでもありませんし、『マックスむらい』のような実業家でもありません。つまり、『はじめしゃちょー』だけ普通の人なんですよね。

ではなぜ『はじめしゃちょー』がこれだけ人気になったか分かりますか?

  • 運が良かったから?
  • 再生数水増し?
  • Youtubeの再生カウンターが故障してるだけ?

どれも違います。

『はじめしゃちょー』は他の誰よりもリスクを冒しているんですよね。これが凡人でも高確率でユーチューバーとして成功する数少ない方法です。

個人的に好きな動画を紹介します。こちらです。

【地獄】世界一臭い食べ物を部屋で開封そして食う

この動画は世界一臭い缶詰として有名な『シュールストレミング』を食すだけの動画なんですが300万再生を記録しています。あまりに強烈な臭いの為、本当は屋外で食べなければならないんですが、何故か一番臭いがこもる風呂場で食べているんですよね。で、あまりの臭いに嘔吐までする始末・・・(笑)それに加えてしばらくの間は風呂場に悪臭が染み付くという大きなリスクを負ったわけです。

普通に屋外で『シュールストレミング』を食べるだけではここまで話題にならなかったはずです。あえて風呂場という密閉空間で食すというリスクを冒したからこそ、ここまでの人気動画になったわけです。

他にもリスクを冒して成功した動画をいくつか紹介します。

メントスで槍を作ってコーラにブッさす coca cola mentos

間違えてポテチ600袋買ってしまいました

【危険】氷風呂に塩5Kg投入化学反応により危機が迫る

いずれも掃除が大変だったり、金がかかったり、人体実験的なものだったりと普通の人では躊躇してしまうような事をやっているんですよね。こういう無茶な動画に人は本能的に目を留めてしまうんですよね。

でも、二番煎じでは効果は半減ですから誰もやってない事をやったほうが効果的です。完全オリジナルでなくても問題ありません。ちょっとだけ自分なりのエッセンスを加えれば良いんですよね。『はじめしゃちょー』の動画だってどこかで見たことのあるものばかりです。

とはいっても完全オリジナルに憧れる人も多いでしょう。こんなのはいかがでしょうか?

勇気をもってリスクを冒そう!(人の迷惑にはならないように)

ちょっとアイデア考えてみました。例えばこんなのはいかがでしょうか?

「1ヶ月間、自宅のありとあらゆる窓や扉を全開にしたままにしていたら家の中はどうなるか?」

メチャクチャリスク高いですけど、誰もやっていないし、自分だったらその動画見てみたいですね。虫のすみかになってるかも知れませんし、犬や猫が住み着いてるかも知れません。誰かやってみて欲しいですね。もちろん自己責任で。

もちろん、こういった動画を投稿しても、いきなり人気になるとは限りません。もしかしたら数百PV程度にしかならない可能性もあります。しかし、クオリティの高い動画は広まっていきます。もし、どうしてもアクセスを集められなければ広告を出すという方法もあります。クオリティさえ高ければ確実にシェアされ広まるでしょう。

基本的に「自分でも出来る」と思われてしまう動画では成果は期待できないです。リスクを覚悟して動画を作る事が成功への近道です。

ネタを魅力的に見せるには編集技術が欠かせない

一つ言い忘れました。いくら動画のネタが良くてもそれでは不十分です。より大きな成果を出すにはネタの魅力を最大限に生かす動画編集が必要になります。

ネタ良いのに編集が残念というのは、例えるなら『豪華なフレンチを紙皿で出されるようなもの』です。紙皿じゃ豪華な料理が台無しですよね。トップユーチューバーは皆、動画の見せ方や効果的なサムネイルの作り方を知っているんですよね。『ヒカキン』も『はじめしゃちょー』もやっぱ見せ方上手いです。

特に『はじめしゃちょー』の大掛かりなネタをやったのにあっさり終わる感じが好きですね。さっき紹介した『シュールストレミング』のやつもさんざん悪戦苦闘してたのに最後は「口が臭くなったよ」の一言で終わる感じとか(笑)

以下の書籍にはこういった『ユーチューバーとして本格的に利益を得る為のテクニック』が色々と書かれています。下記ページ内に購入者のレビューもあるので是非参考にしてみてくださいね。

海外ユーチューバーが教えるYouTube集客術

ポートフォリオ
rssを購読
こちらの記事もいかがですか?