姉妹サイト:affiliate.ks-product
ニコニコ動画・Youtube
このページではニコニコ動画やYoutubeなどで話題の動画や、個人的なお気に入りをご紹介!
2016年08月18日

底辺ユーチューバーは「努力」が足りない。努力次第で好きなことで生きていく事は可能!

 

「好きなことで生きていく」なんて才能や運が無いと出来ない、そう思っていませんか?

その考えは間違いです

無論、流石にヒカキンやはじめしゃちょーのように年収1億レベルともなれば才能や運が必要ですが、サラリーマン程度の収入をYoutubeで稼ぐことは努力だけでも可能です。

逆に全然稼げてない人、「運や才能が必要」と言っている人は、努力が全然足りていない、もしくは努力の方向が間違っているという事です。

トップユーチューバーほど努力を惜しまない

そもそもヒカキンやはじめしゃちょーが何年もの間トップユーチューバーであり続けられるのは運や才能以上に「努力」があるからなんです。毎日コンスタントに2,3本もの動画を配信し続けるのは相当な努力が必要ですし、努力により撮影・編集技術もどんどん上達しています。さらには体を張った企画、これも視聴者を楽しませる為の努力です。

もし、運良く動画がヒットしても、努力をしない、実力も無いでは、ただの一発屋で終わりです。継続的に「当たり」を出せるのは努力によって実力が身についているからなんですよね。

私は結構有名ユーチューバーの動画を見るんですが、話を聞く限り徹夜で動画編集なんてことは珍しくないようです。それだけ過酷な仕事をしているってことです(私も以前動画編集をしていたことがあるので過酷さは知っています)。

注目された時”チャンスを無駄にしない実力”が必要

実力があっても運悪くなかなか芽が出ない人がいます。それは競争する場所を間違っているからです。

例えば、ヒカキンのような商品レビュー系ユーチューバーは飽和状態ですから、どんなに努力しても、どんなに実力があっても成功出来ない可能性があるわけです。なので、ユーチューバーとして成功したければ善戦できる場所を探すことも重要です(最初に言った”努力の方向”ですね)。

しかし、成功する可能性は低くても自分が本当にやりたいジャンルで頑張りたいという人もいることでしょう。その場合は、とにかくチャンスを待つ、もしくはチャンスを生み出すことが大切です。例えば、SNSで拡散される事を期待するか、もしくは自分で積極的に宣伝していくということです。

運良くあなたの動画がSNSでシェアされ大当たりしたとします。その時、あなたに十分な実力があり、数々の面白い動画を投稿しているなら、あなたの人気は急上昇するはずです。

逆に、まぐれ当たりで実力も無ければ、その1本だけがヒットして終わりです。次はありません。

と言うように、なんとなく動画投稿して、たまたまヒットしたぐらいではユーチューバーとして成功出来ないのです。それだけ成功するには努力は欠かせないものなんです。

解散の危機からチャンスをものにして一躍トップに君臨したアイドルグループ

完全に個人的な趣味なんですが、EXIDというK-POPガールズグループがいて、実力はあるのにデビュー当時から全然売れていなくて「この曲が売れなければ解散」というギリギリの状態にまで追い詰められていたんです。

ところが、彼女たちに大きなチャンスが到来したんですよね。

以下の動画はファンが撮影したライブ映像(2014年)なんですが、これがSNSで大拡散され2,000万再生以上の大ヒットになりました。

[직캠/Fancam] 141008 EXID(하니) 위아래 @ 파주 한마음 위문공연

この動画が流行った理由はEXIDのメンバーの一人であるハニの「完璧なルックス(とダンス)」によるものでしょう(「1000年に1人のアイドル」と言われて人気になった橋本環奈と基本的には同じです)。

最初はそのルックスによってハニだけが人気者になりましたが、次第にEXIDのこれまでの楽曲が評価され、バラエティでも活躍を広げていって、2016年の現在はトップアイドルグループにまで登り詰めたわけです。

この結果があるのは「チャンスを無駄にしない実力」があったからこそなんですよね。実力が無ければ話題になったセクシーな動画1本で終わりだったはずです。

(ShowChampion EP.189) EXID – L.I.E
[EXID(이엑스아이디)] HOT PINK 핫핑크 Music Video

というわけでK-POPのステマはこの辺で終わりにします(笑)

ユーチューバーにとっての実力とは何か?

ただ漠然と努力して実力を身に付けろと言われても「何を努力すれば良いか分からない」と思うことでしょう。初心者のうちは良し悪しが分からないので方向性が定まらないのはよくある事です。

というわけで、ユーチューバーとして成長するには「どういった事に注目して努力していくべきか」を簡単にまとめてみました。

リサーチ力

底辺ユーチューバーの大半はリサーチが出来ていないんですよね。見ていて「これは誰得?」と思える動画ばかりなんです。

ユーチューバーとして成功したければ自己満足の動画ではいけません。視聴者がどういった動画を求めているかを知る必要があります。

リサーチの方法は色々あります。
例えばツイッターの人気急上昇ワードで調べる方法もありますし、人気ユーチューバーの動画を分析して特に再生数の多いものを参考にするといった方法などです。

企画力

リサーチした結果を元にどういうコンテンツを作るか考える事もユーチューバーにとって必要なスキルです。

これは努力よりもセンスが要される傾向にあると個人的に思います。はじめしゃちょーやワタナベマホトといった変わり者ユーチューバーが得意とする部分ですね。

ただ、一部ユーチューバーは法律すれすれだったり、モラルに反することを企画してたりもするので、そこは良く考えて企画すべきです。

撮影力

商品レビュー動画なんかを撮る場合は特に重要ですが、撮影技術や機材は重要です。

最近は視聴者の目も肥えてきたので、撮影が下手だったり、画質が悪かったりすると、視聴者はストレスを感じて視聴を途中で止めてしまう可能性があります。

撮影の技術は色々とありますが、最も重要なのは「何を見せたいのか?」を意識して撮ることです。色々な動画を見てると結構「なぜそれを映さないの?」って事があるんですよね。

編集力

大物ユーチューバーは撮影した動画を編集するスキルも高いです。

例えば、ヒカキンは結構長い時間かけて撮影している動画を4、5分のコンパクトなサイズにまとめます。4、5分というのは誰もが最後まで見ることが出来る最適な尺です。

また、無駄な間はとにかくカットして視聴者のストレスを極力まで削ぎ落としています(テレビ番組と比較するとヒカキンの動画のほうが細かく画面が切り替わっている事が分かるかと思います)。

さらに、商品を紹介するシーンでは画面の雰囲気を変えたりして視覚的に変化を与えて退屈させないようにしたり、視聴者層が子供なので動画の最後にジャンケンをコーナーを設けたり、しまいには動画の最初と最後にはオープニングとエンディングもきちんと用意して、きちんと一つの番組として成立させているわけです。

継続力

ユーチューバーとして成功したければ毎日作業しましょう。気が向いた時に動画を撮影して投稿しているだけでは実力は身に付きません。

やはり大物ユーチューバーは毎日投稿しています。それも1本だけではなく複数のチャンネルを運営して2、3本をコンスタントに投稿しているわけです。

毎日2、3本は無理でも1本を目標に投稿していかなければ成功は遠のくでしょう。

学習力

これも大物ユーチューバーに共通することですが、他のユーチューバーの動画を研究して自分の動画に取り入れているんですよね。

良いと思ったものは積極的に吸収する向上心があるからこそ成功出来るわけです。学習意欲が無ければ底辺のままです。

ユーチューバーもブロガーも同じ

ちなみに私はユーチューバーではなくブロガーなんですが、両方とも基本的には同じです。文字か動画かの違いだけです。

ブログの収益化を思い付いてから最初の1年間は鳴かず飛ばずで全く結果が出ませんでした。まぐれ当たりはいくつかありましたが実力不足で人気を維持出来なかったのです。それでは駄目だと思い、しっかりとセオリーを学びコンスタントに更新を続けた結果、それなりの成功を収めることが出来ました(本業を辞めてブログ1本で頑張ればそれだけで生活出来るレベルです)。

ユーチューバーもブロガーも継続的な努力は欠かせません。

まとめ

ほとんどの場合、ユーチューバーとして成功している人は日々努力を重ねています。トップユーチューバーであればなおさらです。あれだけのハイペースでかつ、キッチリ編集して動画を投稿しているわけですから、寝る間も惜しんで作業するなんてことも珍しくないはずです。

確かに、大物ユーチューバーは強運を持っていますが、その人気を数年間も維持し続けられているのは努力による賜物です。楽して稼いでいるわけでは無いのです。「好きな事には苦労はいとわない」というスタンスで活動しているんです。

あなたがユーチューバー成功したければ「好きなことの為に苦労する覚悟」が必要です。時にはやりたくない事でもやらなければならない場合も出てくるでしょう。そこは乗り越えなくてはなりません。そうすれば、大物ユーチューバーのように大儲けは出来なくても、普通の社会人程度の収入をユーチューバーとして稼ぐことが出来るはずです。

ポートフォリオ
rssを購読
こちらの記事もいかがですか?