雑記
更新日:2019年02月15日

後悔しないジャンプスターターの選び方4つのポイント【バッテリー上がり解消】

 

急なバッテリー上がりに備えて1つは持っておきたいジャンプスターター。

しかし、どれでも良いというわけではありません。ものによってはバッテリー上がりを回復できなかったり、破裂する危険性もあるので商品選びは非常に大切です。

ということで今回は『後悔しないジャンプスターターの選び方』を4つの項目に分けて解説していきます。

後悔しないジャンプスターターの選び方4つのポイント

ジャンプスターターを購入する際は以下の4つのポイントを考慮して選ぶと良いでしょう。

無駄に高いスペックは不要!用途に合ったものを選ぶ

ジャンプスターターと一口に言っても性能も価格も様々です。5000円以下で購入出来るお手軽な物から、4~5万円する業務用までホントに幅広く存在するんですよね。

高価な業務用ジャンプスターターならあらゆる車種、あらゆる状態のバッテリー上がりを回復出来ますが、一般人には明らかにオーバースペックです。そこまでお金出したく無いですよね。逆に、安価なものを購入してバッテリー上がりを回復出来なかったら本末転倒です。

ですから、用途に合った自分最適なジャンプスターターを選びましょう。

具体的な選び方として挙げられるのが、排気量が適合しているかです。

例えば、『排気量2.5Lまでガソリン車』というような記載があれば、その範囲内のガソリン車であれば使用できます(例えば、日産シルビアは排気量2L(1998cc)なので適合しています)。

もう一つは、バッテリー電圧ですね。

『12V車専用』みたいな表示がそれにあたります。2t以上のトラックを除き基本的には12Vなので、トラック乗りでもない限りは12V専用を買えば間違いないです。四輪、二輪に関係なく基本的は12Vバッテリーが使われています。

確実にバッテリー上がりを直したいなら、最大電流(ピーク電流)が高いものを選ぶ

実は、排気量が適合しているだけでは不十分です。なぜなら、バッテリー上がりにはいくつかの段階があるからです。

軽度なバッテリー上がりもあれば、重度のバッテリー上がりもあるんですよね。これを知らないでジャンプスターターを購入してしまうと「排気量が適合しているのにバッテリーが回復しない…」なんてことになってしまうんです。

具体的にどうすればいいのかと言うと『最大電流(ピーク電流)』という項目を見ます。

最大電流の値が高いほど重度のバッテリー上がり(完全放電してしまったバッテリー)を回復できる可能性が高くなります。目安としては最大電流1,000A以上あれば心強いでしょう。

最大電流の記載がない商品もありますが、その場合はカスタマーサービスに問い合わせるか、購入を控えるかした方が良いでしょう。

ちなみに『バッテリー容量』は無視でOKです。これはあくまでスマホの充電などに必要な値で、バッテリー上がりに重要なのは瞬間的出力(最大電流)だからです。

安全性も大切!多重保護機能が備わったもの選ぶ

ジャンプブースターは電気を扱う商品なので安全性は最大限に考慮したいものです。

例えば、ショート保護、逆接続保護、低電圧保護、高電圧保護、過充電保護といったものです。これらの機能があれば間違った接続をしてしまった場合の破損を防ぐことが出来ます。作業が不安な初心者には嬉しい機能ですよね。

また、高温耐性や防水耐性に優れていればより安全です。

破損の危険アリ!信頼出来るメーカーから選ぶ

ジャンプスターターは技術力の低い小企業でも比較的に簡単に製造する事が出来るので、Amazonや楽天にはごみ同然の粗悪品が出回っているんですよね。

具体的な名前は控えますが、メーカー名が違うのに商品写真が同じだったり、不自然な日本語による高評価レビューで埋め尽くされているものは要注意です。そういう商品はスペック明らかに低かったり破裂するリスクもあるので手を出さないようにしましょう。

ハズレを引きたくない人の為に、Amazonに売られているジャンプスターターで信用出来るメーカーをいくつか紹介します。

私が知る限りでは以上の4メーカーは信頼できます。ただし全部中国企業です(笑)。

ジャンプスターターに限らずモバイルバッテリーなんかも基本的に日本で売られているのは中国製なので、実は中国製の商品はかなり世間一般に浸透していて品質的にも悪くないんですよね。私たちが使っているiPhoneも Made in Chinaですしね。

つまり、中国製=粗悪とは限らないんです。AnkerのCEOはGoogleの元社員だったりします。

私が使っているオススメのジャンプスターターはこれ!

最後に私が実際に使っているジャンプスターターを紹介します。

それは先ほど名前が挙がったYABER製ジャンプスターターです。

YABER製ジャンプスターターは7.5L以上のガソリン車に対応し、最大電流1,200A、複数の保護機能と防水対応というハイスペック性能。それでいて価格は1万円を切るコスパの良さ。

1万円を切る価格で重度のバッテリー上がりを回復できるジャンプスターターは他にないので本気でオススメですよ。詳しいレビュー記事も投稿していているので是非参考にしてみてください。

【評価・レビュー】YABERジャンプスターターをオススメする5つの理由【バッテリー上がり回復】

この記事が役に立ったという方は是非シェアしていただけると嬉しいです。

予約はした?もうすぐ発売の注目PS4ソフト

関連コンテンツ

ポートフォリオ
rssを購読